オピニオン

引きこもりニートは会社員よりストレスが多い自由業ですよ

しばらくの間、ブログの更新を停止していたのだが、ここ一連の「引きこもり」と呼ばれる駄目な大人の典型例に関してのニュースが非常に多く取り扱われることに際し、元ひきこもりが感じた思いを綴ろうと思う。

引きこもりということをテーマにすると、書かなければいけないことが膨大にありすぎる闇の深い問題であるのだが、ここではニュースなどで一番議題にされ、関心度が高い「引きこもりは犯罪者予備軍」というテーマ一つに絞って5年間ガチで一歩も外出しなかった元犯罪者予備軍の私も意見を述べたいと思う。

まず、引きこもりの心理というものに焦点を当てると、毎日6畳程度の同じ部屋で数年に渡って生活していれば絶対と言って良いほど人間の心は乱れる。例えば社会人として生活していれば一人になった空間で考えることは「疲れた・眠い・仕事が上手くいかなかった」などという軽い漠然とした心の乱れなのだがこれが引きこもりとなるとちょっと話が変わってくる。

引きこもりの当事者は社会生活という外部からの刺激でストレスを感じるのではなく、己が作り出した現在の自堕落な生活に対して過去と世の中にストレスを感じているというパターンが多いと私は思っている。それは劣等感や社会生活から取り残されたという自尊心の喪失感などを常に感じているために日々の日常全てがストレスで心を病んでしまうというケースだ。

社会人であっても仕事や家庭のストレスで人生に楽しさを感じれなければ心を病んでしまうこともあるが、引きこもりは特に心を病みやすいという傾向にあるし、尚且つ、社会との接触がないために周り近所ではどのような精神状態なのか分からず怖いという印象を与えてしまうために犯罪者予備軍と呼ばれてしまうことも理解はできるのだが、これは一種の精神病患者に対する差別とも受け取れる。

現在の引きこもりで社会との接触が6カ月以上無い人口数は600万人程度いるとされているが、引きこもりやニートは犯罪者予備軍ということで終わらすのではなく、障碍者雇用のように一定数の従業員がいる企業は引きこもりを採用させなければならないなどの対策を取ることがこれから増え続けるであろう引きこもりの増加に拍車をかける重要な要素となりえるのではないのだろうか。

関連記事

  1. オピニオン

    バイクの整備は素人が挑戦しても大丈夫なのか整備士が考察

    バイクという趣味性の高い乗り物に乗っている人というのは、自分の…

  2. オピニオン

    過去を悔やんでも無意味である事を理解して未来に生きろ

    自分の現在の状況に納得していないという人は、今までの自分の行い…

  3. オピニオン

    将来子供を優秀にしたいのなら小学校低学年からパソコンを買い与えなさい

    近年、スマホやタブレット端末の普及によって小学校低学年でもイン…

  4. オピニオン

    ニートになりたい社畜は毎日予定がある事の幸せを知るべきだ

    学校を卒業して、会社に勤めて自由な時間というものを経験したこと…

  5. オピニオン

    原付の速度制限は早急に規制緩和されるべきなんじゃないの?

    車より手軽な移動手段として挙げられるのが原付という燃費も良いし…

  6. オピニオン

    コンプレックスを気にする人は自己確立が出来ていない子供だ

    人には必ずと言って良いほどに何かしらのコンプレックスというもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    日本人の9割がお金の使い方が下手な理由は義務教育にある
  2. ブログ運営

    ブログで生きていくことは一生無職でいるということ
  3. 雑学

    苦手意識が多い坂道発進の簡単なコツを伝授したいと思う
  4. オピニオン

    腕の良い整備士はディーラーよりも整備工場の方が実は多い
  5. オピニオン

    ニート期間中は劣等感を感じるのは無駄であり存分に遊ぶべきだ
PAGE TOP