オピニオン

引きこもりニートは会社員よりストレスが多い自由業ですよ

しばらくの間、ブログの更新を停止していたのだが、ここ一連の「引きこもり」と呼ばれる駄目な大人の典型例に関してのニュースが非常に多く取り扱われることに際し、元ひきこもりが感じた思いを綴ろうと思う。

引きこもりということをテーマにすると、書かなければいけないことが膨大にありすぎる闇の深い問題であるのだが、ここではニュースなどで一番議題にされ、関心度が高い「引きこもりは犯罪者予備軍」というテーマ一つに絞って5年間ガチで一歩も外出しなかった元犯罪者予備軍の私も意見を述べたいと思う。

まず、引きこもりの心理というものに焦点を当てると、毎日6畳程度の同じ部屋で数年に渡って生活していれば絶対と言って良いほど人間の心は乱れる。例えば社会人として生活していれば一人になった空間で考えることは「疲れた・眠い・仕事が上手くいかなかった」などという軽い漠然とした心の乱れなのだがこれが引きこもりとなるとちょっと話が変わってくる。

引きこもりの当事者は社会生活という外部からの刺激でストレスを感じるのではなく、己が作り出した現在の自堕落な生活に対して過去と世の中にストレスを感じているというパターンが多いと私は思っている。それは劣等感や社会生活から取り残されたという自尊心の喪失感などを常に感じているために日々の日常全てがストレスで心を病んでしまうというケースだ。

社会人であっても仕事や家庭のストレスで人生に楽しさを感じれなければ心を病んでしまうこともあるが、引きこもりは特に心を病みやすいという傾向にあるし、尚且つ、社会との接触がないために周り近所ではどのような精神状態なのか分からず怖いという印象を与えてしまうために犯罪者予備軍と呼ばれてしまうことも理解はできるのだが、これは一種の精神病患者に対する差別とも受け取れる。

現在の引きこもりで社会との接触が6カ月以上無い人口数は600万人程度いるとされているが、引きこもりやニートは犯罪者予備軍ということで終わらすのではなく、障碍者雇用のように一定数の従業員がいる企業は引きこもりを採用させなければならないなどの対策を取ることがこれから増え続けるであろう引きこもりの増加に拍車をかける重要な要素となりえるのではないのだろうか。

関連記事

  1. オピニオン

    フォグランプを点けて走行しているドライバーは免許返上しなさい

    夜間、車に乗っていると対向車からとてもまぶしいと感じる車のライ…

  2. オピニオン

    引きこもりをニート生活を得て価値観が変わった3つのこと

    私は16歳から21歳までの約5年間ほど、引きこもりニート生活を…

  3. オピニオン

    ネットに写真を投稿しておいて著作権を訴えるとかアホなの?

    ブログやサイトを運営している人などは、自分の撮影した写真をネッ…

  4. オピニオン

    専業主婦はニートよりたちが悪い存在ですよ

    日本には専業主婦という女性に与えられた謎の職業が存在している。…

  5. オピニオン

    VR技術で音楽業界に新たな道が開かれる可能性がある

    まだ世の中に浸透していないため、多くの人にVRと言ってもピンと…

  6. オピニオン

    田舎には遊ぶところがないという考えは根本的に間違っている

    田舎で育った人達は、一度で良いから大都会へ繰り出して出来るなら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. カラダ

    朝の目覚めが悪いという人必見の一発で目が冴える秘儀を伝授
  2. 雑学

    PCメーカーであるASUSの読み方について決着をつける
  3. ブログ運営

    ブロガーの存在意義は批判や炎上を巻き起こすことである
  4. ブログ運営

    ブログのアクセス数などブロガーならば気にするなというお話
  5. メンタルヘルス

    新学期早々にぼっち確定になってしまった学生に助言しよう
PAGE TOP