稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

Windows10の不要なプリインストールは削除しても無駄な理由

      2016/12/29

windows10

Windows10を利用している人の中で特に神経質な人であれば、Microsoftが標準でインストールしているプリインストールアプリが削除できなくて心がモヤモヤするという人もいるだろう。このMicrosoftが標準でインストールしたアプリというのは、簡単にはアンインストールできないのだが、裏技を使えば削除可能だ。

私も神経質な性格であるため、パソコンの中は常に整理整頓しておかないと気が済まない性格であるため、この裏技を使ってWindows10にプリインストールされたアプリを根こそぎ削除したのだが、このプリインストールアプリを削除するというのは本当に無駄な作業であったという事実を伝えたいと思う。

まず、私がこのプリインストールアプリを削除した経緯を話すと、無駄なアプリがインストールされていることでストレージの容量を食ってしまうため削除を考えたのだが、このプリインストールアプリの全てを削除してもストレージの容量は変わらないものであり本当にごく僅かな容量が空いただけだ。

そして、これらの理由の他にWindows10のプリインストールアプリを削除しないことをお勧めしたい一番の理由は「Windows Anniversary Update」という年に数回程度行われる大規模なWindows10のアップデートなのだが、これを更新してしまうと消した不要アプリが全て復活するのである。

そのため、Windows10を使用していて無駄な不要アプリが邪魔で気持ち悪いと考えている場合でも、そこは目を瞑ってMicrosoftの言いなりになるしかないのである。そもそもMicrosoftはこの様な一生使わないであろうアプリを削除できない仕様にしていることが不評を買っている一つの要因とも言えよう。

何度も言うようだが、無駄なプリインストールアプリを削除したいと考えても、年に数回行われるWindows Anniversary Updateにより、削除したアプリが復活するということを理解しておいてほしいと思う。シンプルなOSを利用したいのならばMacの利用を強くお勧めしたと私は考える。

不要なプリインストールアプリを削除しても無駄なんじゃないの?

 - 家電