オピニオン

試験当日は緊張よりも試験を楽しむという心意気が大切である

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

学生であれば、中間考査などのテストの当日に悪い成績を取ってはいけないと猛勉強し、社会人であれば会社から命令された資格を猛勉強し、試験というものに臨むと思う。ここで多くの人というのは試験というものに対して不合格であったらどうしようという思考が離れない人がとても多い。

確かに試験当日というのは今まで頑張ってきた努力が報われるかどうかという心理的な負担があり、試験当日に緊張してしまうのも頷けるが、試験当日に緊張してしまい、自分の本領を発揮できないというのは問題外であり、ここで重要なのは試験当日というのは楽しむ勢いで望むということである。

試験というものに対して極度に緊張してしまっては、自分の本気というのが発揮できないのは目に見えており、緊張のあまり頭が真っ白になってしまっては本末転倒なのだ。そのため試験を楽しむという勢いで試験に臨むという考えを持つということが合格への道に繋がっているのだ。

試験に対して楽しむ勢いで国家試験などに臨むと、以外と緊張せずに問題が頭の中に入ってくるというメリットがあり、心理的負担を軽減することが可能なのだ。そのため、これから試験を控えている人は試験というものに極度に緊張するのではなく、楽しむ勢いで試験に臨むということが一番大切なことなのである。

それでも試験というものに対して緊張をしてしまうという人は、試験というものに対しての考え方を変えることが重要だ。学校の試験であれば赤点であっても補習を受ければ良いだけの話であり、国家資格などであれば司法試験を除いて何度でも挑戦すれば良いのである。

このように試験に対する考え方というものを変えていくと、試験というものは楽しいという考えになり、試験がストレスの根源という考えに陥ることが無くなるのだ。試験間近を控えた受験生はこのことを意識して試験というものを存分に楽しんで欲しいと思う。

試験は楽しむべきなんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    学歴の無い中卒者は実は高学歴者より優秀な人材である

    現在、98%の中学3年生が高校進学という選択をしているという調…

  2. オピニオン

    新車バイクの初回点検での1カ月という期限に物申す

    新車でバイクを購入すると、初回の点検の案内の封筒が届くと思う。…

  3. オピニオン

    田舎には遊ぶところがないという考えは根本的に間違っている

    田舎で育った人達は、一度で良いから大都会へ繰り出して出来るなら…

  4. オピニオン

    仕事は3年続けろという社畜の教訓の言葉に騙されてはいけない

    4月に入って新入社員として新たに入社した新社会人は、これからの…

  5. オピニオン

    貧乏人と主張する人ほど実はお金持ちが多いという事実

    世間話などで良く耳にする言葉がある。それは「私は貧乏人だからお…

  6. オピニオン

    東尋坊から飛び降りても死ぬことは無いという事実

    私の住んでいる福井県は他県の人からしてみれば何の特徴も見当たら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    プロブロガーの私は批判コメントが嬉しくて仕方ない
  2. オピニオン

    大量生産品に完璧を求めるのは愚かな人間である
  3. 雑学

    事故車やいわくつき車の不気味なその後の話をしよう
  4. オピニオン

    田舎では車と原付の二台を所有すると生活が劇的に楽になる
  5. メンタルヘルス

    心躍らない日常を送っている人は現状維持バイアスの傾向がある
PAGE TOP