稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

試験当日は緊張よりも試験を楽しむという心意気が大切である

      2016/12/31

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

学生であれば、中間考査などのテストの当日に悪い成績を取ってはいけないと猛勉強し、社会人であれば会社から命令された資格を猛勉強し、試験というものに臨むと思う。ここで多くの人というのは試験というものに対して不合格であったらどうしようという思考が離れない人がとても多い。

確かに試験当日というのは今まで頑張ってきた努力が報われるかどうかという心理的な負担があり、試験当日に緊張してしまうのも頷けるが、試験当日に緊張してしまい、自分の本領を発揮できないというのは問題外であり、ここで重要なのは試験当日というのは楽しむ勢いで望むということである。

試験というものに対して極度に緊張してしまっては、自分の本気というのが発揮できないのは目に見えており、緊張のあまり頭が真っ白になってしまっては本末転倒なのだ。そのため試験を楽しむという勢いで試験に臨むという考えを持つということが合格への道に繋がっているのだ。

試験に対して楽しむ勢いで国家試験などに臨むと、以外と緊張せずに問題が頭の中に入ってくるというメリットがあり、心理的負担を軽減することが可能なのだ。そのため、これから試験を控えている人は試験というものに極度に緊張するのではなく、楽しむ勢いで試験に臨むということが一番大切なことなのである。

それでも試験というものに対して緊張をしてしまうという人は、試験というものに対しての考え方を変えることが重要だ。学校の試験であれば赤点であっても補習を受ければ良いだけの話であり、国家資格などであれば司法試験を除いて何度でも挑戦すれば良いのである。

このように試験に対する考え方というものを変えていくと、試験というものは楽しいという考えになり、試験がストレスの根源という考えに陥ることが無くなるのだ。試験間近を控えた受験生はこのことを意識して試験というものを存分に楽しんで欲しいと思う。

試験は楽しむべきなんじゃないの?

 - オピニオン