オピニオン

生きていれば良いことがあるという言葉は幻想なんじゃないの?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab%e4%ba%a4%e5%b7%ae%e7%82%b9

多くの大人たちが不登校の学生やうつ病で心が病んでいる人に投げかける言葉がある。それは生きていれば良いことがあるという何の根拠もない言葉であり、これほど無責任な言葉は他にないと言っても過言ではないだろう。毎日が楽しい人なんてものは極僅かであり、大多数の人は毎日がつまらない生活を強いられている。

子供の頃には大人になるとお金が手に入り楽しいことが沢山あるという大人たちの言葉に私たちは惑わされ続けてきた。だが実際に大人になってみると人生というのは苦痛の日々で楽しい事と苦痛なことを天秤にかけてみると苦痛である毎日の方が圧倒的に大きいのだ。

ここで生きていれば良いことがあるという言葉について考えてみると、毎日が苦痛な大人の心情が目に浮かぶ。仕事に追われ、自分の自由な時間というものが皆無な生活の中で、何を楽しくて生きているのか分からないという現状を肯定するために、生きていれば良いことがあるという言葉を多用するのだ。

だが、実際には生きていて楽しいことなんてものは本当に皆無であり、楽しいことがあったとしてもそれは一時の快楽にしか過ぎない。生きていれば良いこともあるかもしれないが、毎日が苦痛な日々の方が圧倒的に多く、人生に対して楽しいという感情を抱くことが愚かな考えであると断言したい。

私が伝えたいことは、心が病んでいる人は人生に対して楽しさを求めてはいけないということである。毎日が苦痛な日々であるという事が当たり前であるということを意識して生活を送ると心が病むという症状は緩和されるのである。そのため人生は死ぬまで苦痛の日々が続くということを理解してほしいと思う。

生きていれば良いことがあるという言葉は幻想なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    夢や希望を叶えたいのなら周りに公言することが重要ですよ

    夢や希望などを叶えたいと思うなら一番最初にした方が良い事がある…

  2. オピニオン

    上位1位ではなく最下位1位を目指すことの素晴らしさを知れ

    学業や会社の功績などで上位1位を取得することを目標に頑張ってい…

  3. オピニオン

    学生時代に付けては絶対にダメな癖がサボり癖である理由

    学生時代というのは主に勉強というものがメインな生活であり、勉強…

  4. オピニオン

    ネットの情報に個々の思考を左右される悪循環について

    ひと昔前までは、ネットを閲覧するためには一家に一台程度のパソコ…

  5. オピニオン

    家族でカーシェアリングをすると車の維持費が抑えられますよ

    地方に住んでいる人ならば、交通手段は車であり、一人一台車を所有…

  6. オピニオン

    受験生よ!高校受験で人生が決定する訳ではない

    この時期になると中学三年生は受験モードへ切り替わり、常に勉強と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    幽霊が99%怖くなくなる心理技術を紹介したいと思う
  2. カラダ

    朝の眠気を一発でスッキリとさせる方法を伝授したいと思う。
  3. ブログ運営

    ブログの執筆スタイルでは「ですます調」は使わない方が良い
  4. メンタルヘルス

    行動力という才能を身に着ける一つの思考法を伝授しよう
  5. ブログ運営

    会社員ブロガーに求められるのはアイディアと執筆スピードだ
PAGE TOP