稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

クレジットカードにステータス性を求めるのはバカである

      2017/01/05

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

クレジットカードと聞くと学生が大人になったら作りたいと考えている人も多い事だろう。その際にカード選びというものをしなければならないのだが、様々なカードがありどれを選んでよいのか分からないという人は健全な精神を持っている人である。問題なのは身の丈に合っていないカードを所有したがるバカだ。

中には、学生の頃からゴールドカードや将来的にはアメックスのブラックカードを所有したいという妄想を膨らましている人もいることだろう。クレジットカードとはその名の通り、自己の年収や実績をカード一枚で表現することができるため、このようなステータスカードに憧れるのも頷ける。

だが私はこのステータス性を重視してクレジットカードを選ぶという事に対して偏見を持っている。その理由としては単純で日本人というのは自己表現というものが苦手であり、自分の実績を物で表現する民族であるためだ。その例として身の丈に合っていないブランド品を身に着けた貧乏人が挙げられるだろう。

自己表現が苦手な日本人というのは、自己のステータス性をクレジットカードまでにも求める傾向にあり、普通の貧乏会社員にも関わらずゴールドカードを申請し、海外旅行にも行かないのに無駄な特典のついた年会費の高いカードを所有している人というのが本当に多いのである。

ここで私は一言物申す。本当のお金持ちというのは自分のステータス性を物やカードに頼らず、自身の自己表現で地位や名誉を表すのだ。他人の見栄のために無駄な年会費を払って自己陶酔をするのはダサいの一言に尽きる。そのためクレジットカードを選び際には身の丈に合ったカードを選ぶことが重要なのだ。

クレジットカードにステータス性を求めるのはバカの極みなんじゃないの?

 - オピニオン