稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

学生時代に付けては絶対にダメな癖がサボり癖である理由

      2017/01/08

%e3%82%b5%e3%83%9c%e3%82%8b%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%93%a1

学生時代というのは主に勉強というものがメインな生活であり、勉強以外の行事では手を抜くという学生時代を過ごしてきた、又は過ごしている人が結構多いのではないだろうか。しかし、このようなサボり癖というのは社会人になった時に苦労するために学生時代には付けてはいけないものであるのだ。

特に学生時代というのは、今日学校に行きたくないと思えば仮病を使って休み放題であり、学校の連絡も親任せであるために、一切の外部コンタクトを取らずに学校を休むことができるのだが、社会人になるとこの様な手は通用しなくなり、会社に来れない会社員は淘汰されてしまう傾向にある。

このような時に、サボり癖という厄介な癖を付けてしまうと、中々サボり癖という癖は改善させることが難しい癖であり、中には学生時代のサボり癖が抜けずに会社に行きたくないからと長期間の休みを取ってしまう新社会人も数多くいるだろう。

学校というのは前記でも説明したが、勉強がメインであると教え込まれているために、勉強以外では手を抜くという生徒が多くいるのだが、本当に重要なことは勉強以外の行事で手を抜かないという事であり、勉強以外の行事で手を抜いてしまうとサボり癖が付くということを理解するべきなのである。

社会人になると、サボり癖が付いている人とサボり癖が付いていない生徒というのは明確に違いが出てくる傾向にあり、出世する割合もサボり癖が付いていない人の方が高いのである。そのためサボり癖が付いてしまっている人はサボり癖を付けない生活を送ることが肝心なのだ。

サボり癖は付けてはいけないんじゃないの?

 - オピニオン