稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

心の病で心療内科に通いであれば自立支援医療制度を利用すべし

      2017/01/09

%e5%8c%bb%e5%b8%ab

現在、日本は鬱大国であり多くの人が心療内科に通っているのが現状である。通常の風邪などであれば数日経過すると自然と治ってしまう場合が殆どなのだが、心の病というのは厄介であり、一度でも不眠症になってしまうと中々改善させることが困難である。

そうなると、人々は睡眠薬を求めて心療内科に通うことになるが、冒頭でも解説した通り、心の病というのは厄介なもので薬を服用したからと言って全て改善できるものでもない。このように心の病で心療内科に向かうと当然診察料や薬代などが莫大なものとなるのは目に見えているだろう。

そのような時に便利な制度が用意されている。それが自立支援医療制度というものであり、通常の風邪と違って長期間の通院を強いられなければいけない患者に対して、治療費を割り引く制度なのだ。実際に私も不眠症で自立支援医療制度を利用しているのだが、その前までは一回の通院につき数千円の出費であった。

しかし、自立支援医療制度を利用してからはかなり出費が抑えられて、一回の通院で2000円以内に収めることが可能となったのである。そのため心の病で心療内科に長期間通院しているという人は自立支援医療制度を利用するということを強くお勧めしたいと思う。

心療内科に通っているのであれば自立支援医療制度を利用すれば良いんじゃないの?

 - メンタルヘルス