稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

タイピング技術を磨きたいのならばブログを毎日執筆するべき

      2017/01/12

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%bc

今のこのご時世の多くの職業ではパソコンが使えないと仕事にならない業種というものが本当に多い傾向にあり、仕事の大半はパソコンで文章作成をしているという仕事に就いている人も多いはずである。そのような時に何が一番有利になるかというとタイピング入力で文章作成をする技術である。

それもそのはずであり、パソコンでの文字入力が早ければ早い程、仕事の効率も早くなりいち早く仕事を終わらすことが可能なのである。そこで文字入力が早くなりたいと感じている人はタイピングソフトなどを利用して文字入力の練習をすると思うが、タイピングソフトのタイピングはつまらないの一言に尽きる。

興味の無い文章をひたすら打ち続けてもそれは三日坊主になってしまうものであり、タイピングを向上させてブラインドタッチを目指している人にとってはタイピングをするということが苦痛の種となること間違いなしである。そのような時はブログを毎日執筆するということを心がけると良いと断言したい。

大体600文字から1000文字の文章を毎日更新すると、ブログを書くという事がタイピング向上へと繋がり、尚且つ、自分で毎日文章を考えるために世間に対する視野というものが大きくなるためタイピング技術の向上と文章を組み立てる能力というのが毎日鍛えられることになる。

そうすれば、一般的なタイピングソフトと異なって、文章を書くためにタイピングをするということが目的となり、タイピングをするということが苦痛でなくなるのである。私は毎日ブログを更新しているのだが、今では1000文字程度の文章であれば30分程度で執筆が可能である。

勿論、ブログを執筆する前はブラインドタッチで文字を入力するということはあまり得意ではなかったのだが、ブログを書き始めて毎日更新するということを心がけて数年が経過すると自分でも驚くほどタイピング能力が向上しているのである。そのため文字入力を磨きたいと考えている人はブログを執筆すべきと断言ができるのだ。

タイピングの練習ならばブログを執筆すれば良いんじゃないの?

 - ブログ運営