オピニオン

ホワイト企業の簡単な見分け方は企業人数に着眼すべし

%e7%a4%be%e7%95%9c

学校を卒業して就職活動を行う新社会人候補生はこれから就職する企業を選ぶと思うが、殆どの人はブラック企業よりホワイト企業を選びたいのは当然だと思う。しかし今まで学校という狭い空間に生きていた人にとって、いざ就職活動をしてホワイト企業を見分けるといっても難しいのは目に見えている。

ここでまた大多数の就職活動をする人は会社全体の大きさや休日日数や給料の多さに惹かれて安易に就職先を選んでしまう傾向にあるが、このような会社全体の大きさや休日日数の多さや給料の多さに惹かれて会社を選んでしまうと、ブラック企業に就職する確率というのは高くなる傾向にある。

ここでお勧めしたい会社の選びかたというのが、前記で記述したような会社の大きさや休日日数や給料の多さという比較対象は一度頭の中から捨てて、自宅から近い職場であり、企業人数が少ない会社を選ぶということの真逆の選考方法がホワイト企業を見極める上で重要になる項目であるのだ。

まず大きい会社であり企業人数が数千人いる会社というのは基本的に従業員のことを捨て駒として扱う傾向にあり、給料と比例して仕事内容もキツくなっていくのだ。そして求人票に書かれている年間休日日数も基本的には当てにならない情報であり、土日出勤なんてことも当然にある。

全ての会社が当てはまるとは断言が出来ないのだが、高確率で倍率が高い企業というのはこれらの傾向があるのだ。これが所謂ブラック企業と呼ばれる企業に属すものである。ではホワイト企業はどのようにして見分けるかと言うとそれは至って簡単であり、これらと真逆の求人票を探せば良いのである。

例えば、休日日数が少なくても仕事内容は軽ストレスであったり、休憩時間が長かったり、本当にフレンドリーな会社というのは一見して求人票を見ると仕事内容がキツそうという印象を受けるが、実際に働いてみると好都合なことを求人票に書く大企業より、精神的ストレスというのが小さいのである。

これから就職活動で就職先を探さなければいけない学生や、転職を考えている人は欲張らずに精神的に楽な会社を選ぶということが、後々になって正解であったと思えるようになるのである。これから就職先を探す学生の中でホワイト企業を希望している人は参考にしてみて欲しいと思う。

ホワイト企業を探すのは簡単なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    浮気しない男性を見分けるには彼の所有物に注目すべし

    男性というのは好きな人が出来ても、直ぐに違う女性に手を出してし…

  2. オピニオン

    日本人はなぜ髪色を気色悪いうんこ色にしたがるのか

    高校を卒業したら髪を染める若者はとても多い、9割近くは髪の毛を染めてい…

  3. オピニオン

    現代人は不必要な情報に振り回される情報過多ストレスの脅威

    多くの人が朝に起床すればテレビを付けて朝食を食べながら朝のニュ…

  4. オピニオン

    頭が悪い人というのは勉強のみを基準として判断してはいけない

    多くの人は小中高生と成長の段階を踏むにつれて、勉強という教育で…

  5. オピニオン

    中卒や高校中退組のその後の人生は3つに分類することができる

    現在、高校進学率はほぼ100%と言っても過言ではなく高等教育の…

  6. オピニオン

    会社を支える社長として成功する人物像について読み解く

    今の若者は安定志向で、自ら何かに挑戦するというチャンレンジ思考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    確定申告を郵送で行うための全手順を解説していこう
  2. 雑学

    苦手意識が多い坂道発進の簡単なコツを伝授したいと思う
  3. ブログ運営

    ブログ更新が「面倒くさい」というブロガーの心理は正常である
  4. オピニオン

    免許更新時の交通安全協会は別に入らなくて良いんじゃないの?
  5. ブログ運営

    ブログの身バレを気にしているブロガーは信用が無い
PAGE TOP