オピニオン

ホワイト企業の簡単な見分け方は企業人数に着眼すべし

%e7%a4%be%e7%95%9c

学校を卒業して就職活動を行う新社会人候補生はこれから就職する企業を選ぶと思うが、殆どの人はブラック企業よりホワイト企業を選びたいのは当然だと思う。しかし今まで学校という狭い空間に生きていた人にとって、いざ就職活動をしてホワイト企業を見分けるといっても難しいのは目に見えている。

ここでまた大多数の就職活動をする人は会社全体の大きさや休日日数や給料の多さに惹かれて安易に就職先を選んでしまう傾向にあるが、このような会社全体の大きさや休日日数の多さや給料の多さに惹かれて会社を選んでしまうと、ブラック企業に就職する確率というのは高くなる傾向にある。

ここでお勧めしたい会社の選びかたというのが、前記で記述したような会社の大きさや休日日数や給料の多さという比較対象は一度頭の中から捨てて、自宅から近い職場であり、企業人数が少ない会社を選ぶということの真逆の選考方法がホワイト企業を見極める上で重要になる項目であるのだ。

まず大きい会社であり企業人数が数千人いる会社というのは基本的に従業員のことを捨て駒として扱う傾向にあり、給料と比例して仕事内容もキツくなっていくのだ。そして求人票に書かれている年間休日日数も基本的には当てにならない情報であり、土日出勤なんてことも当然にある。

全ての会社が当てはまるとは断言が出来ないのだが、高確率で倍率が高い企業というのはこれらの傾向があるのだ。これが所謂ブラック企業と呼ばれる企業に属すものである。ではホワイト企業はどのようにして見分けるかと言うとそれは至って簡単であり、これらと真逆の求人票を探せば良いのである。

例えば、休日日数が少なくても仕事内容は軽ストレスであったり、休憩時間が長かったり、本当にフレンドリーな会社というのは一見して求人票を見ると仕事内容がキツそうという印象を受けるが、実際に働いてみると好都合なことを求人票に書く大企業より、精神的ストレスというのが小さいのである。

これから就職活動で就職先を探さなければいけない学生や、転職を考えている人は欲張らずに精神的に楽な会社を選ぶということが、後々になって正解であったと思えるようになるのである。これから就職先を探す学生の中でホワイト企業を希望している人は参考にしてみて欲しいと思う。

ホワイト企業を探すのは簡単なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    引きこもりニートの雇用を推進する法律を制定すべき理由

    引きこもりという言葉をイメージすると、十代後半から二十代前半の…

  2. オピニオン

    ネットで得た固定観念に人生を左右されてはいけない重要性

    主にインドア派の休日の過ごし方というものを改めて考えてみると、…

  3. オピニオン

    宅配業者の激務を軽減するために再配達時間制限とかアホなの?

    近年、個人でのネット通販の普及によって宅配業者の労働者は一日に…

  4. オピニオン

    ネットに写真を投稿しておいて著作権を訴えるとかアホなの?

    ブログやサイトを運営している人などは、自分の撮影した写真をネッ…

  5. オピニオン

    自動車整備士が自動車メーカーに恐縮ながら物申す

    今や自動車というのは国民の足となり、物流の基盤となっている乗り…

  6. オピニオン

    学校という組織はクソだが一つだけ賞賛できるところがある

    誰しもが小中学校の義務教育期間中は学校に通って勉強に勤しんでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    勉学を抜きにした本当に頭が良い人の特徴について解説
  2. 雑学

    エンジンオイルの上抜きはお勧めできるのか整備士が考察しよう
  3. 音楽

    マキシマムザホルモンのギターの難易度は非常に高い領域にある
  4. 家電

    iPhoneの寿命を迎えて買い替えを検討すべき分岐点を紹介
  5. ブログ運営

    会社員が帰宅後に手っ取り早くブログ記事を執筆するコツ
PAGE TOP