稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

本気でブログを執筆するのは今すぐ止めるべき納得の理由

      2017/01/18

%e6%96%87%e5%ad%97%e3%82%92%e5%85%a5%e5%8a%9b%e3%81%99%e3%82%8b

現在ブログを執筆しているブロガーや、これからブログを執筆して情報発信をしたいと考えているブロガー初心者の人はブログに対して一生懸命になり本気でブログを運営していきたいと考えるのも頷けるが、私はブログに対して一生懸命になり過ぎるのも問題であると感じている。

ここで多くのブロガーやブログ初心者の人は、ブログに対して一生懸命になるということを美徳として捉えて、ブログを始めたからには一生懸命にブログを書くということが当たりまえという認識を持っているが、ブログに対して一生懸命になり過ぎると意外な盲点というものが存在しているのだ。

例えば、ブログを更新し続けるということが趣味の範囲内で続けることが出来れば素晴らしいのだが、多く人はブログが一定基準に達すると趣味の範囲内からブログを書くという生活の一部となる。そうなると更新し続けることがブログを書くことのメインとなり、楽しさは二の次となる。

そうなると、ブログの本当の楽しさである情報発信という基盤が崩れて、次第にブログを書くということが苦痛になる原因となるのである。縛られて書く文章というのは退屈であり、ブログは所詮ブログであるという前提で運営するということがブログを書く上で重要なことなのである。

今現在、ブログを執筆しているブロガーやブログを始めた初心者の人はブログに対して神経質になるというのは止めて、軽い気持ちでブログというものを運営するということが一番大切なのだ。そのため成功したいブロガーは賢明にブログを運営するということは今すぐに止めるべきだと断言したい。

ブログは所詮ブログなんじゃないの?

 - ブログ運営