稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

昔は良かったというノスタルジーは不要である。未来に生きろ

      2017/01/19

%e5%a4%a9%e3%81%ae%e5%b7%9d

中学生の頃は小学生の頃は良かった。高校生になると中学生の頃は良かった。大学生になると高校生の頃は良かった。社会人になると学生の頃は良かったという風に人というのは昔の記憶というものを美化して捉えてしまうものなのだが、このようなノスタルジーは考えるだけ無駄である。

得に今の現状というものに対して納得していない人というのは、過去の栄光や思い出に依存してしまい、あの頃は楽しかったという過去の美化というものが始まるのだが、過去に縛られて今を生活しても何のメリットも存在しないのが実情であり、一番大切なのは過去に縛られずに未来に生きるということなのだ。

今現在のライフスタイルに納得していない人は過去の思い出に浸ってノスタルジーな気分に浸ることに依存し、基本的に今という生活を楽しんでいない傾向にあるが、過去の思い出というのは美化されて脳内に残るため刺激がなくてつまらないという生活は第一存在しないのである。

今を十分に楽しむということを意識して生活を送れば、毎日がつまらないという心境には陥らないものであり、今を楽しむという風に考え方を変えれば今という時は楽しくなるのである。毎日がつまらないという人はこのような今を楽しむという心境が欠けているのだ。

そのため、今が楽しくなくて鬱傾向にあるという人は過去に縛られずに失敗を恐れずにチャレンジをして欲しいと思う。そうすれば今という時がつまらないという心境にはきっと陥らないはずであるため、このような考え方の転換を日常生活の中で頻繁に行って欲しいと思う。

過去に縛れてもいい事はないんじゃないの?

 - メンタルヘルス