稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

会社員ブロガーが面白くないと言われる理由は簡単である

      2017/01/24

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%92%e6%9b%b4%e6%96%b0

ブロガーというものは大きく分けて二つに分類され、会社員や学生というライフスタイルの中でブログを執筆しているブロガーと、ブログを生活の糧としてブログを執筆しているブロガーの二つに分けることができるのだが、よく言われることは会社員ブロガーは面白くないということである。

この会社員ブロガーは面白くないという言葉を良く口にするのは、主に専業ブロガー達が中心なのだが、この言葉の裏の意味を考えてみると、専業ブロガー達は生活の不安定さから会社員ブロガーという邪道な存在を叩く傾向にあるということが伺えるのだが、果たしてこれは本当なのだろうか。

会社員ブロガーと専業ブロガーを比較してみると、一日にブログの執筆に充てる時間や文章のクオリティーなどを鑑みても圧倒的に専業ブロガーが有利なことは一目瞭然であり、会社員ブロガーより専業ブロガーの方が面白いのは当然と言えば当然なのである。

会社員になると、どうしても会社という組織に属してしまうことになるため、ブログという空間で自分の思っている自由な思考を全て表現するということは難しい場合が殆どなのだが、専業ブロガーは組織に属していないために自由な思考を自由に書くということが容易にできてしまうというメリットがある。

ここで会社員ブロガーがブログを書く上で重要になってくることは、会社という組織に属していてもブログという空間は自由な事を書くということを意識してブログを執筆するということが一番重要になってくることであり、自分の事項を具体化するという技術が必要になるということである。

会社員ブロガーはこの自分の思考を組織に左右されずに、自由に書くということを意識してブログを運営し、長く続けるということを実践していけば、専業ブロガーに負けないブログに育てるということは不可能ではないのである。会社員ブロガーは参考にしてみて欲しいと思う。

ブログは組織に左右されてはいけないんじゃないの?

 - ブログ運営