稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

車のオイルは5000キロで交換する必要は無い理由

      2017/01/28

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3

車を所有している人であれば、自分の車のオイル交換は当然行っていると思うが、かかりつけのディーラーや自動車整備工場に出向くと多くの場合でオイル交換の期日は5000キロという目安で交換と言われる場合が多く、殆どの人は自動車整備士の意見を鵜呑みにしてオイル交換を行うと思うがそれは正しいのだろうか。

私は自動車整備士であるのだが、厳密に言えば車のオイル交換は5000キロで行う必要性はないと感じている。これは車の説明書をみて欲しいのだが、殆どの日本車の場合にはオイル交換の時期のメーカー推奨は10000万キロに指定されている車が多いのである。

きっと多くの人はこの記述を読まずにエンジンオイルの交換を早く交換してしまう傾向にあるのだが、実際にはメーカー指定の距離数は上記で説明した通り、10000万キロか半年の早い方と指定されているのである。そのためオイル交換は説明書通りに行えばまず間違いはないのが実情なのだ。

しかし、確かに5000キロ経過したオイルは汚いことは間違いはないため、車を長く乗りたいと思っている人はこまめにオイル交換を行うことをお勧めしたいと思う。古いオイルより新しいオイルの方がエンジンに良いことは明確なのだから。

オイル交換は10000万キロ指定なんじゃないの?

 - 雑学