稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

社畜は仕事があるだけ有難いと思うべきなんじゃないの?

      2017/01/30

%e4%bb%95%e4%ba%8b%e4%b8%ad

現在働いている人からしてみれば、仕事のことを考えると嫌な気分になり鬱になる人というのが殆どであると思うが、仕事に対して嫌だという心理は本当に贅沢な心理であるということを実感している人というのは少ない傾向にあり、仕事があることに対して有難みを感じている人は殆どいないだろう。

これは日本のエスカレーター式の教育法であることが原因であり、日本の教育では学校を卒業すれば直ぐに次の職場を見つけるということに根本的な原因がある。今の教育では若いうちから自由な時間を設けることがタブー視され、自由な時間を設けて考える機会が本当に少なく、仕事があることに対して有難みを感じにくいのだ。

多くの会社員は仕事に対して、できればやりたくないという風に考えるのは本当の自由であり不自由な時間を知らないためである。人間は自由な時間を持て余すと自由な時間が苦痛の時間になるものであり、仕事に対して嫌だという心理は仕事がある有難みを知らないためだと断言ができる。

極論から言ってしまえば、仕事に対して嫌だという気分が拭えなく、自由な時間を追い求めたいと考えている人は一度5年間程ニートになり、若いうちから自由な時間というものを味わってみて欲しいと思う。そうすれば毎日が予定で埋め尽くされている日々が幸福に感じる錯覚に陥るのである。

仕事は有難いんじゃないの?

 - オピニオン