オピニオン

社畜は仕事があるだけ有難いと思うべきなんじゃないの?

%e4%bb%95%e4%ba%8b%e4%b8%ad

現在働いている人からしてみれば、仕事のことを考えると嫌な気分になり鬱になる人というのが殆どであると思うが、仕事に対して嫌だという心理は本当に贅沢な心理であるということを実感している人というのは少ない傾向にあり、仕事があることに対して有難みを感じている人は殆どいないだろう。

これは日本のエスカレーター式の教育法であることが原因であり、日本の教育では学校を卒業すれば直ぐに次の職場を見つけるということに根本的な原因がある。今の教育では若いうちから自由な時間を設けることがタブー視され、自由な時間を設けて考える機会が本当に少なく、仕事があることに対して有難みを感じにくいのだ。

多くの会社員は仕事に対して、できればやりたくないという風に考えるのは本当の自由であり不自由な時間を知らないためである。人間は自由な時間を持て余すと自由な時間が苦痛の時間になるものであり、仕事に対して嫌だという心理は仕事がある有難みを知らないためだと断言ができる。

極論から言ってしまえば、仕事に対して嫌だという気分が拭えなく、自由な時間を追い求めたいと考えている人は一度5年間程ニートになり、若いうちから自由な時間というものを味わってみて欲しいと思う。そうすれば毎日が予定で埋め尽くされている日々が幸福に感じる錯覚に陥るのである。

仕事は有難いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    夢を追いかけるということは現実逃避の口実という側面もある

    一般的な大人という存在とは、学校を卒業し一般的な会社に就職して…

  2. オピニオン

    自動車の購入は維持費などの費用よりも直感で購入すべし

    人が一生の人生の中で一つの物につき数百万円単位で購入する物の中…

  3. オピニオン

    低所得者が貯金額1000万円を貯めるための心得

    いくら働いても給料が上がらず、それに伴って収入より出費の方が多…

  4. オピニオン

    自由人というライフスタイルは存在しないという事実

    自由人と聞いて多くの人が思い描くのが、一日中何にも拘束されずに…

  5. オピニオン

    結婚は損と決めつけている人は孤独感を疑似体験すべし

    最近、問題となっているのが結婚の晩婚化である。この若者が結婚に…

  6. オピニオン

    車やバイクの車検制度というのは安全を保障するものではない

    四輪車や250ccクラス以上のバイクを初めとした乗り物というの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    新人コンビニバイトの恐怖の瞬間である現金過不足について解説
  2. オピニオン

    喫煙者はタバコ税を納めているから偉いという考えはバカな思考
  3. ブログ運営

    chromeに実装される広告ブロック機能についての真意
  4. ブログ運営

    ポイントサイトで稼ぎたいなら絶対に知っておくべきこと
  5. オピニオン

    ハーレーの爆音は暴走族と同類という事実を認めないライダー達
PAGE TOP