稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

無口な人こそブログを書いて意見を情報発信すべきである理由

      2017/01/31

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3

ブログを書くということは、自分の意見をネット上に公開して自分の思いを公表するという事であるため、ブログを書く上で優位に立つのは自分の考えをしっかりと持っている人が長くブログを続けられるのだが、実際には自分の思いを人に伝えることが出来ない人こそブログを書くことをお勧めしたいと思う。

その理由は、ブログというのはネット上に自分の意見を公開して不特定多数の人に自分の意見を公表するということに全てが集約されているためである。自分の意見を人に上手く伝えることの出来ない人というのは、自分の意見を心の中に閉まってしまうのだが、ブログを書けば様々な人に見てもらうことができるのだ。

自分の意見を心の中に閉まって言葉を殻の中に閉じ込めてしまうと、日常生活の中でストレスというものが溜まってしまうという悪循環に陥る。しかしブログを書いて不特定多数の人に見てもらうという事を習慣にすれば、自分の意見に対して様々な意見を貰う事が出来るのである。

中には、自分の意見に対して賛否両論分かれることがあるかもしれないが、自分の意見に対して人からの反応を貰うということで自分の意見を人に伝えるということに対しての自信に繋がるものであり、無口な人はブログを書くということを習慣にしてストレスを発散することが重要になってくるのである。

もし、人に上手く自分の意見を伝えることが出来ないという人は、ブログに挑戦してみて不特定多数が閲覧する場所で自分の意見というものを発信し続けて欲しいと思う。自分の意見を殻に閉じ込めるのではなく、言葉にして伝えるということが何よりも大切なことなのである。

意見は言葉にしなければいけないんじゃないの?

 - ブログ運営