稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

意味の無い貯金をしている人はお金を死に金にしている

      2017/02/03

%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%ae%e7%b4%99%e5%b9%a3

最近の若者のお金の使い方というものを調査した結果では、多くの人がとりあえず将来に向けて意味の無い貯金をしている人というのが多い傾向にあるらしいのだが、このような意味の無い貯金をしている人というのは本当に利口なお金の使い方をしているのだろうか。

確かに将来に向けて貯金をするというのは、何か起こった時に安心を得る上で大切なことなのだが、意味の無い貯金をしてお金を極限まで使わない生活をするというのは何かが違うと言えるだろう。お金を使わずに貯金が目的となっている人はせっかくのお金を死に金にしているのである。

ここで「今のご時世は貯金をしないと不安で仕方がない」と言う風に自分の欲しいものまで我慢してお金を貯め続ける人もいるかもしれないが、何かしらの問題が起こった時には、その時に解決策を考えれば良いだけの話であり、将来に向けて無駄に貯金をするというのは間違っている。

もし、無駄に貯金をするということが目的となってしまい、自分が明日死んでしまった時にはそのお金というのは無になり、今までの将来に向けた貯蓄は無駄になるのである。そのため意味なく無駄に貯金をしている人はお金を死に金にするのではなく、生き金にすることを心がけるべきなのだ。

お金は使うべきなんじゃないの?

 - オピニオン