稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

メルカリで売れる価格設定の心理技術を伝授したいと思う

      2017/02/04

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%aa

自宅にある不要な物を手軽に出品することができるメルカリというサービスを利用したことのある人はスマホユーザーの中では多いのではないだろうか。このメルカリはオークションとは異なり、自分の好きな価格で商品を出品することができるのだが、悩みどころは価格設定である。

メルカリに出品された商品を見てみると、多くの出品者が価格設定を消費者の心理に基づかない価格設定で出品をしているのだが、これは非常に勿体ないことである。メルカリで売るためには消費者の購買意欲を損なうことなく上手く価格設定を決めることが重要なのだ。

そこで私がお勧めするメルカリの価格設定法なのだが、例えば2000円で出品をしたい商品があれば、2000円という価格で出品をすると購入される機会というのは減る傾向にあるのだ。これは人は札の位が増えることに購入することに対して抵抗感を覚えるためである。

そのため2000円で出品したい商品があれば、2000円で出品をするのではなく、1980円で出品をすると2000円で出品をした時よりお得感を覚えやすく購入されやすくなるのである。これはスーパーなどでも活用されている心理技術であり、メルカリでもこの価格設定法を活用すべきなのである。

お得感を出せば良いんじゃないの?

 - 雑学