稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

通販に依存ではなく地元企業にお金を消費するべき

      2017/02/06

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc

都会に住んでいる人であれば、家から少し出れば沢山の店舗があり、通販というものに依存せずに品定めができると思うが田舎の場合には物の購入ということを考えると、どうしても遠出をしなければならないために、物の購入を通販に依存してしまいやすい傾向にあるのだが、通販に依存しすぎるのも問題がある。

確かに通販であれば、安く購入できるというメリットが存在するが通販という購入法が普及したことで地元の企業や店舗が苦しくなっているのも確かである。小さな店舗は大きな店舗に負け、大きな店舗は安さ競争に負け、地元の一番大きな企業は通販というものに負けてしまう。

そのために、田舎の店舗というのは時代と共に衰退していき挙句の果てには潰れてしまうのである。これを防ぐためには物の購入というものを通販という購入法に依存せずに、お金は地元の店舗や企業に投資をするという意味合いを込めて、苦しい店舗で購入してあげることが大事なのだ。

通販に依存してしまい、お金の流れを大きな店舗に集中させてしまうのは地元の衰退にも繋がっているのである。そのために、少々値段が高くてもお金は地元で消費してあげるということが地元の活性化にも繋がっているということを消費者は忘れてはいけないのである。

お金は地元で消費すれば良いんじゃないの?

 - オピニオン