稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

先輩の顔色ばかりを覗っていると生産性が低下する原因となる

      2017/02/27

会社員であれば、先輩や取引先の顔色を覗って会社員という立場を全うしなければいけないのが常識であるが、先輩の顔色ばかりを伺っている会社員というのは八方美人でマニュアル通りにしか行動ができない自分の意志で考える生産性というものが欠けてしまっている場合がとても多く見受けられる。

確かに先輩の顔色を覗って会社員という立場を全うするのは構わないのだが、先輩の意見を尊重して自分の意志で行動できないのは使えない駄目な社員というレッテルを張られるだろう。例えば、後輩という立場を尊重して先輩の確認を随時取らないと行動ができないなんて事例は典型的なものだ。

先輩の顔色を覗って先輩の確認を取らなければ行動が出来ないというのは、確かにミスを防ぐという意味においては有効的かもしれないが、上からの指示がなければ行動に移せないというのは自身の成長という意味においてはデメリットしか存在せず、ミスを承知の上で自分で考えて行動することが必要なのだ。

ここで二人の社員を例にとって考えてみると、一人の社員は上司の顔色を覗わず、自分の意志で考えて行動をする場合と、もう一人は常に先輩の顔色を覗って行動をする社員を比較してみると、圧倒的に前者の方が仕事の戦力や生産性という面においては有利になるのである。

そのため、常に先輩の顔色を覗って行動をしている社員は、先輩の顔色を覗うという習慣は控えて自分で考えて行動をするということが自身の成長への投資となるということを忘れてはいけない。できる社員になりたいのならば八方美人は封印して、自分の意志で行動をするようにすべきなのである。

先輩の顔色は覗わなくて良いんじゃないの?

 - オピニオン