メンタルヘルス

遅刻しないコツは朝の時間を分刻みで予定を明確化させることだ

遅刻してしまう人に共通していることは、早起きを習慣化できずに目覚まし時計をセットしていたとしても起床が出来ずに、ズルズルと通勤通学時間ギリギリまで素早く行動ができないということなのであるのだが、例え早起きを習慣化している人であっても中には遅刻をしてしまう人もいる。

多くの人は早起きは遅刻をしない前提で話を進めてしまうが、早く起床したとしても朝の準備が遅かったりするとそれは遅刻してしまう原因となるのである。このように遅刻の常習犯は早起きができないという事に原因があるのではなく、起床後の行動に問題があるため時間ギリギリに家を出ることになってしまうのだ。

ここで早く起きるということが苦手な人でも遅刻をしないコツを一つ紹介すると、起床後に毎日決まった時間の過ごし方を固定化するということだ。遅刻をしてしまう人というのは朝の時間の使い方がルーズであり、毎日決まった時間に何をするという時間割が明確ではないのである。

だが、毎日決まった時間に朝の行動を行うということを習慣化してしまえば、時間に沿って朝の行動が明確になるため、遅刻をするということが極端に減るという訳である。朝食の時間やトイレの時間や着替える時間を毎日決まった時刻に沿って行うということが、遅刻をしないコツなのだ。

時間に沿って行動を行えば遅刻は減るんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    現状維持バイアスは決して悪い面ばかりではないという事実

    想像してほしいのだが、現在勤めている会社を辞めたいと考えている…

  2. メンタルヘルス

    情報の断捨離をすることで安らかな生活が送れるようになる

    多くの家庭では新聞やテレビ、スマホなどで多くのニュースという情…

  3. メンタルヘルス

    心配性や神経質な人に贈る心を軽くする魔法の言葉

    心配性な人や神経質な人というのは日常生活で多くの心配事が次々と…

  4. メンタルヘルス

    究極的にストレスフリーな思考になるためのプロセスを伝授

    日常生活の中で人として生活していくならば、一定の社会のルールに…

  5. メンタルヘルス

    行動力を身に着ける最善の思考法はトラブルを楽しむことだ

    これから新しいことに挑戦したいと思っている人というのは、実際に…

  6. メンタルヘルス

    睡眠薬や向精神薬の離脱症状が出ない断薬方法を解説しよう

    睡眠薬や向精神薬などの神経に作用する薬全般というのは、他の症状…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    うつ病になっても環境を変えずに心療内科に頼るバカが多い日本
  2. メンタルヘルス

    コミュ障が優先すべきことは喋ることではなく笑うことである
  3. メンタルヘルス

    依存性の高い精神安定剤「デパス」の依存から克服する方法
  4. ブログ運営

    3分でStingerのサイドバープロフィールを設置する全手順
  5. ブログ運営

    専業ブロガーから会社員ブロガーへと転身を得てのブログへの影響
PAGE TOP