稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

電話恐怖所を簡単に改善させる心構えを伝授したいと思う

      2017/03/13

最近の若者の傾向として電話に出るということや電話を掛けるということが恐怖の対象となってしまう電話恐怖症というものがある。この電話恐怖症は学生の時であれば電話を避けて通れば良かったかもしれないが、社会人になると仕事上の電話というのは避けては通れないものであり、早急に改善させる必要がある。

この電話恐怖症というのは、面と向かって話す分には何の問題もないのだが、電話という伝達手段を利用する時に限って緊張してしまう場合が多いのだが、これは面と向かって話せば相手の表情が容易に読み取れるのに対して電話は声しか相手の喜怒哀楽を受け取るしかできないために余計に緊張してしまうのだ。

ここで多くの電話恐怖症の人は電話を掛ける時や電話を受ける時に、相手に分かりやすく説明するということが苦手で電話をする際に事前に脳内で予行練習をしてしまうから電話に対して苦手意識を持ってしまうのである。これを改善させるためには電話をする際には何も考えずに受話器を取ってしまう事をお勧めしたいと思う。

電話を掛ける際や受ける際に何も考えずに受話器を取ってしまえば、上手く話さなければいけないというプレッシャーを事前に感じる時間が少なくなるのである。もし電話恐怖症で仕事などに支障を来している場合には何も考えずに受話器を取るということを意識すれば電話恐怖症は以外と簡単に改善できるのである。

電話恐怖症は何も考えてはいけないんじゃないの?

 - メンタルヘルス