稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

専業主婦を希望なら福井県を移住地として選んではいけない

      2017/03/21

女性の中で現在は会社員として多忙な日々を送っている人は、結婚をしたら寿退社をして家庭に専念する専業主婦になりたいと考えている人もいるだろう。その場合は環境の変化で都会から田舎へ移住するということを考えなければいけない場合もあるかもしれないが、専業主婦として生活をしたいなら福井県はお勧めできない。

福井県は幸福度ナンバーワンであり、子供の学力や体力テストなどでも常に上位をキープしている県であり、子供の教育のことを考えて福井県を候補にいれる人もいるかもしれないが、福井県は専業主婦というものに対して抵抗感を持っている人が多数おり、専業主婦になりたい人にとっては心苦しい場面に多数遭遇する。

この理由としては、福井県というのは共働きが当たり前という風潮があり、専業主婦という肩書を説明しても何故働かないのか?という疑問を常に問いかけられる場合が多いためである。そしてご近所からは「〇〇さんの奥さんは専業主婦なんですって!楽で良いわね」なんて嫌味を言われることも多くあるのである。

実際に福井県では寿退社をしても、専業主婦になるという選択肢を取る人は少数であり、家事と両立のしやすい職場へと転職を行うケースが多い。そのため専業主婦になりたい女性は精神衛生上の面で福井県に移住するというのは覚悟をしておいた方が良いという訳である。

福井県は専業主婦に厳しいんじゃないの?

 - オピニオン