オピニオン

診察を受けなければ処方箋を出せないという薬事法は改正すべき

何等かの病気になった時には病院に出向いて医師の診察を行って薬を処方してもらう必要がある。確かに面と向かって診察を行わなければ分からない病気というものは病院に出向いて医師の診察をしっかりと行ってもらうことが重要になるのだが、慢性的な病気の場合には病院に出向かなくても良いのではないだろうか。

薬事法では、薬を処方する場合には医師の診察を行ったうえで処方箋を出して貰わなければ薬は処方できないという法律になっているのだが、例えば心の病気などでカウンセリングに似た診察を行う心療内科などの場合は、テレビ電話などでも十分に診察は行えるものでり、病院まで出向いて診察を行う必要性というものが無い。

そして、特に地方などではこのような心療内科などを扱っている病院というのは遠方にあるケースが多く、それも風邪とは違って長期的に受診をしなければならないために受診者の負担という面でも病院に出向て医師の診察を受けなければならないというのはかなり面倒なのである。

今や、不眠症やうつ病などは5人に1人が抱えている国民病といっても過言ではないものであり、受診者もこれから増えていく一方という現状を鑑みて、医師の診察をしなければ処方箋は出せないという薬事法は改正してテレビ電話での受診も可能な制度にしていくことが今のストレス社会には求められることだろう。

テレビ電話で処方箋を出せるようにすれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    働くよりニートである状況の方が100%辛い

    誰しもが一度は学校や仕事に行かずに自由気ままに暮らしたいと願っ…

  2. オピニオン

    バイクの整備は素人が挑戦しても大丈夫なのか整備士が考察

    バイクという趣味性の高い乗り物に乗っている人というのは、自分の…

  3. オピニオン

    自動車整備士試験という実践では役に立たない資格は廃止にしろ

    現在、資格と呼ばれるものは数えきれない程あるが、その資格を取得…

  4. オピニオン

    娯楽にお金を使いたくないという心理状態を緩和する思考法

    社会人となって自分で給料を稼ぐようになると、学生の頃には欲しか…

  5. オピニオン

    大量生産品に完璧を求めるのは愚かな人間である

    人が物を購入する際に一番ワクワクする瞬間というのは、箱から開け…

  6. オピニオン

    精神安定剤を服用しての運転は完全に道路交通法違反である

    日本という国はストレス社会であり、多くの人が不眠症やうつ病に悩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    眼鏡の度数は視力が落ちても上げてはいけない理由
  2. オピニオン

    求人票の最終学歴という足切りは廃止にすべきである
  3. メンタルヘルス

    意味を成さない無意味な早起きは時間の無駄なんじゃないの?
  4. メンタルヘルス

    精神安定剤は薬局で気軽に購入できる市販薬にすべきである
  5. メンタルヘルス

    ストレスを感じない体質になるのは実は結構簡単である
PAGE TOP