稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

趣味への興味が薄れた時には転職を考える良い機会かもしれない

      2017/04/11

人には様々な趣味というものを持っていると思うが、学生時代に夢中になっていても社会人になると重圧やストレスなどで趣味に目を向けることが出来ずに、今まで好きであった趣味への興味が薄れてしまうケースがあるのだが、趣味が無趣味へと変わる時には転職を考える良い機会かもしれない。

中には元から趣味というものを持っておらずに、周りの人から趣味を見つけることが大事と言われる場面に遭遇することもあるが、社会人が趣味を持つということは心の余裕を図るという面においても重要な役割を果たすため、現在は無趣味な人でも趣味を見つけることが重要と言われる訳である。

今までは趣味を沢山持っていた多趣味な人であっても、仕事が忙しくなり個人の自由時間が会社によって拘束されるようになると、一人の時間になった時に心身ともに疲れてしまい、趣味への興味が全く沸かない心境に陥ってしまう。そのような趣味への興味が薄れる過酷な環境では精神衛生上良くないのは明らかだ。

趣味への興味が薄れる程にストレスを感じているならば転職を考える

冒頭でも記述した通り、趣味への興味が薄れてしまう過酷な環境下で労働をしなければならないケースが長く続いてしまっている場合には、今の環境を変えるサインと捉えて転職を考えなければいけない状態まで来ていると言っても良いものであり、趣味への興味の有無はストレスを測るバロメーターでもあるのだ。

今まで好きであった趣味への興味が薄れてしまう過酷な労働環境の元では、高確率で生きる希望を見失ってしまうものであり、併発としてうつ病を発症する確率が高くなってしまうのである。そのために趣味の興味への有無は自身の心理状態を見極める重要な役割を担っているという訳だ。

もし、今まで夢中であった趣味が眼中に無くなるという事が頻繁に起きている場合には、うつ病の一歩手前という事を考えて労働環境の良い職場へ転職をするということを改めて考えなければならない段階まで来ているため、転職を考える良い機会であるということを認識しておくことが重要である。

趣味への興味が無くなったならば環境を変える機会なんじゃないの?

 - オピニオン