稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

確定申告の手続きは簡略化するべきなんじゃないの?

      2017/04/12

毎年3月になると、自営業で活動している人や副業を行って年間副業収入が20万円を超えた会社員などは確定申告を行わなければならないが、この確定申告という一連の流れを一通り経験したことのある人で誰しもがもっと確定申告は計算方法や提出などもっと簡単にならないかと思っている事であると思う。

まず、会社員が副業として確定申告を行う場合には会社から支給される源泉徴収票を添付して、その源泉徴収票を照らし合わせながら自分で計算を行わなければならないのだが、これが本当に面倒な作業であり、尚且つ経費に必要になった費用が多ければ多いほど確定申告書に費やす時間というのは長くなる。

国は現在、確定申告の手続きを簡略化して税金の滞納者が出ないように電子納税であるETAXなどを普及させて確定申告の簡略化を試みているようだが、ETAXは確定申告書が電子になっただけで確定申告の簡略化には至っておらず、利用開始の準備を行うだけでも複雑と言わざるを得ない。

確定申告の滞納者を出さない努力を行うならば、確定申告書の電子納付や税金の納め方などを普及させていくのではなく根本的な複雑な記述方式や作成に必要な手間を省略可する方向に力を入れた方が良いのは明らかであり、気軽に確定申告を行える環境を整えることが滞納者を出さない最善な方法であろう。

確定申告は簡略化するべきなんじゃないの?

 - オピニオン