稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

誰でも簡単にできる正しい瞑想の仕方をプロが解説

      2017/04/16

慌ただしい日常の中で自分一人になれる空間を持って集中する瞑想を行うことは、現代のストレス社会に立ち向かうためには重要なことであるが、瞑想と聞くと難しいイメージを持っている人はとても多く、瞑想を日常生活の習慣として行いたいと思っていてもやり方が分からないという人は多いのではないだろうか。

しかし、瞑想というのは決して難しいものではなくコツさえ分かってしまえば簡単に行うことができるリラックス法であり、瞑想に対して難しく捉える必要性は全くないため気軽にストレスを解消できる瞑想を日常生活の習慣として取り入れて、瞑想を習慣化するということは全く難しいものではないのである。

この記事ではこのような瞑想に興味を持っている人に向けて、曖昧な方法で瞑想を行わないために重要な簡単な項目に対して解説を行ってみたいと思う。何度も言うようだが瞑想は決して難しいものではなく、正しい知識を身に着けて瞑想を行えば効果は倍増するということを理解してほしい。

正しい瞑想を行うためには2つを意識するだけで良い

集中できる環境を整えるだけで良い

瞑想と聞くと、何も音がしない環境で集中して行う必要があると思われてがちなのであるが。瞑想を行う上で一番重要なのは環境ではなく、自身が集中できるということが環境よりも重要になることである。そのため自身が集中できる環境であれば、どのような場所で瞑想を行っても良いのである。

例えば集中ができる場所であれば、通勤通学の電車の中で瞑想を行っても良いし、仕事の休憩時間に短時間の瞑想を行っても良いという訳である。まずは自身が一番集中できる環境を見つけるということを重要視して集中して瞑想ができる環境を見つけて欲しいと思う。

目を閉じて何も考えない

瞑想について書かれている雑誌や記事を見ると、瞑想中に呼吸法であるとか服装などについて書かれている記事が多くあるのだが、瞑想を行う際にはこのような堅苦しい方法で行う必要は決してなく、逆にこのような堅苦しい環境で行うと形式に囚われて集中できない根本的な原因となるものである。

瞑想で重要なのは今までのストレスの原因となっている問題を考えずに、集中をするということである。そのため瞑想を行う際には目を閉じて何も考えない空間を作り出してやることが一番重要ということである。たった瞑想はこの2つの手順だけで行うことができ、全く難しいものではないのである。

瞑想は難しくはないんじゃないの?

 - メンタルヘルス