稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

会社員ブロガーは世間の批判を気にせず刺激的な文章を書こう

      2017/04/20

ブロガーというものには2種類あり、会社や学校に通いながらブログを更新する会社員ブロガーとブログを趣味として行って収益化しサラリーマン以上の収益を得て会社を退職してブログ一本で生活をしているブロガーがあるが、ブロガーの中では専業ブロガーに比べて会社員ブロガーという存在はつまらないと思われている。

この理由として考えられることは、専業ブロガーというのは社会から拘束されておらずに、自分の思想を自由に執筆することができる一方で会社員ブロガーというのは組織に縛られているため、一般社会の常識の元で生活を行う必要性があり刺激的な文章を書きにくい環境に置かれてしまうためである。

だが会社員ブロガーとしてブログを大きくしていきたいと思っているのであれば、このような枠にはまった思想を持ってサラリーマンという日常は送ってはいけないものであり、常にブログのネタを考えて尚且つ世間の批判を気にしてはいけないということが頭一つ出るための条件である。

もし会社員として生活していてブロガーとしてもかんばっていきたいと考えているのであれば、枠に囚われず自由な思想で記事を書くということを意識して執筆を行っていかなければいけないという訳であり、会社員ブロガーはこの事が分かっていないため皆同じ内容のブログに見えるのである。

会社員ブロガーは刺激的な文章を書く必要性があるんじゃないの?

 - ブログ運営