稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

勝ち負けなんか別にどうでも良いんじゃないの?

      2017/04/21

人というのは何かと勝ち負けというものに拘り、小さい頃から他人と比較して勝敗をつける習慣を持っているのだが、全ての基準を勝敗に拘ってしまうというのは本当に神経が疲れるものであり、ストレス社会の中で日常生活を送っていくためには妥協が必要なのかもしれない。

例えば他人に負けたくないという意志が強い人であれば、日常的に他人と比べることばかりに焦点が行ってしまい、日常生活の中でのストレスというものが多大なものとなるために他人の言動を気にし過ぎてしまう傾向にあるのだが、このような無駄なストレスというのは別に排除しても良いのである。

他人と比べて勝敗を付けるという習慣を止めてしまえば、他人の言動を気にするという意識が無くなり、日常会話の中で引っかかる点があっても別に良いという気持ちの切り替えが上手くなるのである。このようにストレスに強い人というのは勝ち負けを基準としない妥協性を持った人が多いという訳だ。

怒りっぽい人や、他人の言動を気にしてしまう八方美人な人は、他人と比べるという事を止めて、尚且つ勝ち負けという概念を捨てるということがストレスに強くなる秘訣なのだ。もしすべての出来事を勝ち負けで判断している人の中で改善したいと思っているのであれば、勝ち負けという概念を捨てることが重要なのである。

勝ち負けなんて別にどうでも良いんじゃないの?

 - メンタルヘルス