メンタルヘルス

勝ち負けなんか別にどうでも良いんじゃないの?

人というのは何かと勝ち負けというものに拘り、小さい頃から他人と比較して勝敗をつける習慣を持っているのだが、全ての基準を勝敗に拘ってしまうというのは本当に神経が疲れるものであり、ストレス社会の中で日常生活を送っていくためには妥協が必要なのかもしれない。

例えば他人に負けたくないという意志が強い人であれば、日常的に他人と比べることばかりに焦点が行ってしまい、日常生活の中でのストレスというものが多大なものとなるために他人の言動を気にし過ぎてしまう傾向にあるのだが、このような無駄なストレスというのは別に排除しても良いのである。

他人と比べて勝敗を付けるという習慣を止めてしまえば、他人の言動を気にするという意識が無くなり、日常会話の中で引っかかる点があっても別に良いという気持ちの切り替えが上手くなるのである。このようにストレスに強い人というのは勝ち負けを基準としない妥協性を持った人が多いという訳だ。

怒りっぽい人や、他人の言動を気にしてしまう八方美人な人は、他人と比べるという事を止めて、尚且つ勝ち負けという概念を捨てるということがストレスに強くなる秘訣なのだ。もしすべての出来事を勝ち負けで判断している人の中で改善したいと思っているのであれば、勝ち負けという概念を捨てることが重要なのである。

勝ち負けなんて別にどうでも良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    脳に作用する睡眠薬や精神安定剤は安易に服用すべきではない

    ストレス社会である日本という国は日常生活の中で本当に様々なスト…

  2. メンタルヘルス

    物欲が強い人は買うまでの余韻を楽しむことを意識すべし

    物を購入するということは、適度なストレス発散と快感をもたらして…

  3. メンタルヘルス

    不眠症を薬に頼らずに改善させるための大切な心掛けを紹介

    不眠症というのは大きく分けて2種類あり、1つが寝床に就いてから…

  4. メンタルヘルス

    心療内科で向精神薬を処方された患者が絶対に理解しておくこと

    現代の日本のストレス社会の中では、誰しもが不眠症や対人恐怖症を…

  5. メンタルヘルス

    時間の流れを早く感じさせる薬は存在するという事実

    誰しもがやりたくない仕事や学校の授業など、様々な場面で「時間が…

  6. メンタルヘルス

    対人恐怖症で大損した私が教える対人恐怖症の克服方

    対人恐怖症で高校を2度中退し5年引きこもった生活私は対人恐…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    走行中にカーナビのテレビ等の操作制限を解除する方法
  2. オピニオン

    宝くじで高額当選を果たしても仕事は辞めてはいけない理由
  3. オピニオン

    現代人は不必要な情報に振り回される情報過多ストレスの脅威
  4. メンタルヘルス

    不眠症の人が考えてはいけない就寝時の2つのNG思考とは?
  5. 雑学

    私は知る人ぞ知るYouTuber「たれぞう」を心の底から応援したい
PAGE TOP