稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ニート期間中は劣等感を感じるのは無駄であり存分に遊ぶべきだ

      2017/04/22

ニートというのは実際に体験したことにない人からしてみれば、一日が自由な時間であり誰にも日常生活を拘束されずに自由気ままな生活を送れると思っている人が多いのだが、実際にニートという生活を体験してみるとニートという生活は会社員より精神的なストレスは多いことに気が付く。

私は現在は会社員であるのだが、一時期は5年程度ニート生活を送っており、ニートの気持ちというのは良く分かるのだが実際にニート生活というものを送ってみると想像しているより遥かにストレスが多い環境下で特に劣等感と孤独感が多い日常生活を余儀なくされるのである。

世間一般の意見を聞けば働いていないというのは恥という風潮があり、訳があって働けない環境下に置かれてしまった場合であっても社会から見たらクズというレッテルを張られるものであり、常に劣等感という何とも言えない感情を常に抱いて行かなければいけないストレスフルな環境なのだ。

しかし、良く考えてみるとニートという自由な時間を若いうちに体験できるというのは貴重な時間であり、劣等感というものを抱く必要性というものは良く考えてみると皆無なのである。将来について不安を感じることもあるかもしれないが、結局はなるようになるため今の時間を遊ぶというのがニート正しい時間の使い方だ。

実際に海外では高校等を卒業すると、一年程度の自由時間を与えられて自分の将来について考えるという機会を設けられる国があり、その期間を通して様々な世界を見て触れて本当に自分のなりたい職業を探すという卒業生が多く、切羽詰まって将来を悲観しても無駄という考え方を持っている国の方が利口なのである。

そのため、現在はニートとして生活をしていて劣等感を感じているのであれば、そのような悲観的な感情は捨てて、今ある自由な時間を有効活用するために旅に出たり自分を見つめ直すなど社会に拘束されていないからこそできることが多い時間ということを理解して為になる時間の使い方をして欲しいと思う。

ニート期間に劣等感を感じる必要はないんじゃないの?

 - オピニオン