稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

有名大学卒でブラック企業内定という虚しい末路

      2017/04/26

今現在、学生として勉強に励んでいる学生は良い就職先を得るために良い大学へ進学するということを目標としていると思うが、有名大学を卒業しても将来が安泰とは限らないものであり、例え内定先が大手の会社に就職できたとしても、過酷な勤務体制を強いられては給料が良くても負け組と言える。

特に有名大学を卒業した人というのは、大手企業に勤める人の割合が多い傾向にあるのだが、大手企業というのは社会的地位があっても過酷な労働環境を強いられて、残業は当たり前であり、高確率でブラック企業と呼ばれる会社に内定してしまう人が多い傾向にあるのである。

そして、有名大学を卒業したというプライドがあり過酷な労働環境の中で落第に等しい転職というのは論外と感じている人も多く、ブラック企業と分かっていても世間の風潮を気にし過ぎてしまい退職届を出せない悪循環に陥るものであり、有名大学を卒業しても決して将来が安泰という訳ではないのだ。

今現在、ブラック企業という問題が浮き彫りになっているが、ブラック企業と叫んでいる会社員は学生の頃に勉強に励んで、人一倍努力してきた人材である。そのためブラック企業に勤めている高学歴底辺社員は日本の経済を回すために、身を粉にして人生をブラック企業に捧げて欲しいと思う。

有名大学を卒業すれば安泰な訳ないんじゃないの?

 - オピニオン