オピニオン

ニートが社会復帰をするための精神論を解説していこう

学校の不登校や会社をクビになってしまって、ズルズルと時間だけが過ぎて気が付けば良い大人が親のスネを頼りにして生活しているニートというライフスタイルを過ごしているニートの中で、このままではいけないと一発奮闘を行って社会復帰をしようと考えているニートに向けて社会復帰までの手順を解説していこう。

私も5年程度はニートという生活を送ってきたのだが、5年というブランクがあってもニートから社会復帰をすることは容易であったため、社会復帰をしようと思っている人は履歴書が汚れているからという理由だけで社会復帰を諦める必要は決してないものであり、思い立ったが吉日で直ぐに行動を始めて欲しいと思う。

一般的にニートが長く続けば脱ニートを行うことは難しいと考えている人が多いのだが、この根本的な原因は諦めと劣等感が全面に押し出されているためであり、自分に自信をもって行動を行っていけば脱ニートは本当に簡単なのである。それでは脱ニートをするための手順を細かく解説していきたいと思う。

ニートが社会復帰をするための手順

ハローワークに出向く

脱ニートをしたいと考えている人の中で行動に移せないニートというのは、実行力が無いためであり、そもそもハローワークに出向くという行動すら移さないケースが多いのだが、ハローワークに出向くという行動を移さなければ一生ニートであり、社会復帰は絶対にできないということを理解して欲しい。

そのため、脱ニートを真剣に考えているのであれば、ハローワークに出向いて求人情報を探すということから初める必要があるのだが、ニートがハローワークに出向けない理由には劣等感があるためだ。例えば受付で今まで何をしていたのか問い詰められるのではないだろうか?という恐怖感を持ってしまうためである。

極論から言えば、ハローワークに通っている人はこのような脱ニートを考えて通っている人が大半であり、受付の人はニートであるということをバカにすることは一切ない。そのためハローワークという場所に恐怖心を抱かずに、気軽な気持ちで出向いて求人を探すということが重要なのである。

面接では当たって砕けろ

希望する職種があって、面接を行う際には様々な条件が重なって不採用となることがあるが、一度不採用になったからと言って脱ニートを諦めてはいけない。脱ニートをした人の多くは何度も希望する会社があり、不採用となっても諦めず、求人を探した人が殆どであるため、不採用になっても諦めてはいけない。

そして面接というのは堅苦しいイメージがあるかもしれないが、実際の多くの企業というのは面接では今まで行ってきた経歴よりも、人柄を重視する傾向にあるため、明るく振る舞うということが大切である。私も今までの経歴をポジティブに伝えたら、履歴書は汚れていても即採用を貰ったので重要なのはポジティブ思考である。

ニートというのは今までの劣等感で暗い思考になってしまうが、今のご時世はニートなんて決して珍しいものではないのである。そのため今まで自分の行ってきた経歴に自信を持って面接に臨むということを意識すれば、採用を勝ち取るということは簡単なことなのである。

ニートが社会復帰をするのは簡単なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    友人という薄っぺらい交流関係はクソみたいなものである

    人というのは幼少期から友人関係という交流が生まれて、小中高と年…

  2. オピニオン

    仕事が欝で楽しくないという人に向けた仕事が楽しくなる心構え

    仕事というものをイメージすると楽しくないという感想を持っている…

  3. オピニオン

    大学は何の才能もない凡人が行く社畜訓練所である

    現在の日本の学歴社会というのは、高卒でも低学歴扱いをされてしま…

  4. オピニオン

    自分の顔が不細工という事に関して劣等感を感じる必要性はない

    誰でも一度はイケメンに憧れたことはあると思う、そしてイケメンで…

  5. オピニオン

    若者の車離れという議題は典型的な都心絶対主義者の主張である

    近年、若者の車離れという内容を始めとした若者がひと昔前に比べて…

  6. オピニオン

    名車と呼ばれるバイクが次々と生産終了になる運命を辿る理由

    最近は若者の趣味の多様化ということもあり、都会では車を保有して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    求人票の最終学歴という足切りは廃止にすべきである
  2. オピニオン

    クリエイティブな専門学校の入試が筆記試験とかバカなの?
  3. オピニオン

    上位1位ではなく最下位1位を目指すことの素晴らしさを知れ
  4. ブログ運営

    ブログ運営で一番難しいのは息を吐くようにネタを見つけることだ
  5. オピニオン

    会社を支える社長として成功する人物像について読み解く
PAGE TOP