稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログ飯が実現可能であっても会社員は絶対に辞めてはいけない

      2017/04/30

趣味として気軽な気持ちで始めたブログが軌道に乗って、多くのアクセス数を得るブロガーになるにつれて収益も比例して増えることになり、時には会社の給料以上の収益を得る場合もあり、そのような時に頭に過ぎることが会社を退社してブログ一本で食っていくというブログ飯という生き方である。

世の中には、ブログを主な収益源としてブログで食っているブロガーも決して珍しいものではなく、会社に時間を束縛されずに自由に生きることに魅力を感じる人もいることだろう。だがブログで会社員以上の収益が得られたとしても会社員を辞めてブログ一本で生活していくというのはあまりお勧めが出来ない。

この記事では、ブログでの収益が会社員の給料を上回ってブログ一本で生活をしていきたいと心が揺れている人に向けて、ブログ一本で生計を立てていくリスクについて解説していきたいと思う。もしリスクを鑑みても専業ブロガーになりたいのなら引き止めないが、ある程度のリスクを知っておく必要性はあるだろう。

専業ブロガーになるリスクと社会的地位の2つのリスク

一時的なバブルが起きているだけかもしれない

現在、ブログ等のサイトを運営していて多くのアクセス数を得て、収益が多く入っていたとしてもそれがずっと永遠に続くとは断言できないものであり、特にネットの進むスピードというのはあまりに早く、時代の流れに沿ってブログで収益を得るということが出来なくなるリスクがあるということだ。

そして、ネットで収益を上げるというのは不安定なものであり、一種のギャンブルに近いものがあるため、ネットの収益だけで生活をするということはとてもリスクの高い選択肢である。そのためブログ以外の仕事にも手を付けて収益の分散化ということを常に考えて生活しなければならないのだ。

ブロガーの社会的地位は低い

これだけネットというものが身近になった現代でも、ネットだけで稼いでいるというのは人からみれば怪しいものであり、会社員と比べて社会的地位は低いものとなる。そして結婚ということを考えるとブログの収益だけで生活しているというのは世間体的にも印象が悪い傾向にある。

一方、会社員としてブログの執筆活動を続けていけば、安定した収入を得られて、社会的地位も保たれて、適度にブログ運営を行う事ができるため、会社員の給料以上の収益を得ているブロガーであっても、専業ブロガーという道はあまりお勧めができないという訳である。

ハイブリッドブロガーが一番面白いブロガーである

私も過去は専業としてブログを執筆していたのだが、専業ブロガーであれば刺激的な文章を執筆できて面白いという訳ではなく、会社員という常識を持ったからこそ書ける文章というものがある。例えば仕事で得た知識を記事にしたり、社会を実際に体験したからこそ書ける文章など会社員のブログは面白いのだ。

そして会社員ブロガーであれば、ブログに過度に神経質にならずに自由にブログを執筆出来て、会社の給料とブログの収益を合わせて多くの月収を稼ぎ出すこともできるため、会社員とブロガーのハイブリッドブロガーの方が結果的に面白いブロガーになりやすいという訳である。

そのためもし、会社の給料以上の収入をブログから稼ぎ出したとしても、会社を退職するということはあまりお勧めができないという訳である。だがこれらのリスクを踏まえた上で専業ブロガーになるという道を選ぶ場合にはトップブロガーを目指す覚悟で退職願を出す必要性があるだろう。

ハイブリッドブロガーが一番良いんじゃないの?

 - ブログ運営