オピニオン

夫が賢明に働いているのに対して妻は寿司を頬張る格差社会

日本という国では、夫は会社で賢明に働いて妻は家事に専念するという風潮がある。この専業主婦という生活に対して古臭い風潮という批判的な意見を持っている人も多くいるが、妻は家事を賢明に行って専業主婦としての義務を果たしていれば何の異論はないが、時には楽をしていると感じざる負えない事例がある。

それは夫が賢明に働いて、自分の稼いだ金を妻に管理されて、妻からお小遣いとして渡される少ないお金でランチや趣味を楽しまなければいけないということである。家計の管理という面では確かにお小遣い制は仕方がないかもしれないが、夫は専業主婦である妻のお金の使い方についてしっかりと把握しているのだろうか。

専業主婦の生活を考えてみると、子育てや家事や料理など多岐に渡るが、一日の労働時間というものを考えてみると、圧倒的に会社員として生活している夫の方が精神的にも肉体的にもハードであり、専業主婦は休みがないというのは、専業主婦という楽な身分であることを肯定するための口実に過ぎないのである。

ここで専業主婦は忙しいという反感を持った人に物申したいのだが、共働き世帯が多い福井県では女性も正社員として仕事をしながら子育てや家事を両立して行っているのである。そのような家庭が多い中で、専業主婦が会社員よりハードな仕事と主張するのは、楽な生活という口封じをして結局は楽がしたいだけだろう。

コンビニ弁当を食べる夫と寿司を頬張る専業主婦

私は過去には専業ブロガーとして活動をしていため、平日の昼間には良くランチを外食で行っていたのだが、平日の来客を見ていると専業主婦と思われる会話をしている連中が沢山いるのである。その一方で夫は安いコンビニ弁当を頬張りながら賢明に頑張っている姿を想像すると男女の中の格差というものが浮き彫りになる。

世間では、女性差別という概念が過去には大きく取り上げられて来たが、現在は男性差別の方が露骨に表れており、男性の立場というものが小さくなってきている世の中である。男性が平日に遊んでいれば無職というレッテルが張られるのに対して、女性が遊んでいても専業主婦だから許可という概念は意味不明ともいえる。

夫は妻に家計の管理を任せずに自分で管理をすべき

多くの家庭では、家計の管理は夫は管理をせずに全て妻に任せっきりという家庭が多いが、夫は家長として家の経済的な管理を行うのは当然であり、妻に家計を握らせるということ自体が可笑しい話である。性格的にお金の管理が雑な夫は仕方ないとしても、お金の管理は基本的に夫が率先して行うべきだろう。

全ての管理を妻に任せてしまうから、夫は自ら稼いだお金を妻に小遣いとして渡され、ランチはコンビニ弁当で済まし、その一方で妻は全ての家計を握っているから平日は夫が賢明に働いているにも関わらずに、平気な顔をして寿司を頬張っているという矛盾が生じるという訳なのだ。

男性差別が露骨なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    車の購入を検討している人はEV車の波が来るまで待ちなさい

    現在、低燃費を売りにしたハイブリットカーなどが各社から発売され…

  2. オピニオン

    中卒だから人生の負け組という風潮は古い考え方である

    今の社会では高卒であっても低学歴というレッテルが貼られてしまう…

  3. オピニオン

    VISAデビットとJCBデビットの特徴を徹底比較していこう

    クレジットカードに変わる新しいカードとして今後の成長が期待され…

  4. オピニオン

    ニートが会社員より辛い理由について元ニートが解説しよう

    会社員にとってニートという自由気ままな生活を送っている人物は日…

  5. オピニオン

    ニートになったのは親の責任?甘ったれたことを言うなバカ共

    訳が合って社会から隔離されて部屋の中に長期間閉じこもってしまっ…

  6. オピニオン

    ネットビジネス成功者は金遣いが荒いという幻想に物申す

    近年、職業という枠に新たなジャンルが多数参戦してきている。それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 家電

    レイコップの評判が凄く悪いので喜んで購入してみた
  2. 家電

    ブラックハニカムドライヤー「Lowra rouge」が想像以上に良かった件
  3. オピニオン

    田舎は何にもないだと!田舎の楽しみは探し出す事にあるのだ。
  4. オピニオン

    日本人は他人の目線に敏感過ぎて自己表現が苦手な人が多すぎる
  5. ブログ運営

    専業ブロガーという職業に待ち受ける現実を考察しよう
PAGE TOP