オピニオン

残業が暗黙の了解という社会では鬱国家の汚名は返上できない

多くの企業では、就業時間に当日終わらなければならない仕事が終了しなかった時には、残業というものを設けて就業時間外に労働を行わせる勤務体制で仕事を行っている企業というものが多い。確かに当日に絶対に納めなければいけない仕事に限っては残業は仕方ないかもしれないのだが、残業が習慣化している場合は問題がある。

まず、日本という国は鬱大国であり、社会人のみならず学生でも鬱になるということは決して珍しい社会ではない。そのような中で鬱による過労を改善させるために残業時間の規則を新たに国が設定しているのだが、残業は仕方がないという暗黙の了解で残業時間を制定しても鬱大国の汚名は絶対に返上ができない。

日本人のストレスの要因は、第一に対人関係に関連する問題が一番に上がり、その次に残業等の過労による鬱の発症であるのだが、このような残業時間を減らすという試みではなく、特定の事情に限った場合に仕方なく残業という規則を制定して、残業が当たり前という概念を撤廃していくことが重要なのである。

それに加えて残業の規則というのは時間換算ではなく残業を行った日数を考慮して、ひと月に5日までであったら残業は可能という日数計算で残業規則を制定して、違反する場合には労働監督署が指導ではなく、罰金を含めた強い罰則強化を図っていくことが残業が暗黙の了解という概念を崩すためには必要な対策だろう。

残業が暗黙の了解は可笑しいんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    確定申告書が受付で無事に受理されても安心では無い理由

    会社員として働いている人にとっては年末調整で会社側が税金関連の…

  2. オピニオン

    YouTubeに広告を出している広告主は需要を理解していない

    若い人の中ではテレビを視聴している時間よりも、YouTubeで…

  3. オピニオン

    学生のズル休みを防ぐためには自ら学校に連絡させれば良い

    会社員などの社会人はたとえ自分が風邪をひいていたとしても、自身…

  4. オピニオン

    新車バイクの初回点検での1カ月という期限に物申す

    新車でバイクを購入すると、初回の点検の案内の封筒が届くと思う。…

  5. オピニオン

    結婚披露宴というクソみたいな風習は廃止にすべきである

    結婚を控えた新郎新婦にとっては結婚式というのは人生で大きなイベ…

  6. オピニオン

    社畜で休日が無い?いやいや時間の使い方を変えれば毎日休日

    学生や会社員などの一般的な生活をしている人というのは自分の時間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    結婚は損と決めつけている人は孤独感を疑似体験すべし
  2. オピニオン

    クリエイターズマッチ登録試験はやるだけ時間の無駄である
  3. 雑学

    キーンと良い音が鳴るZippoに価格帯は関係ないという事実
  4. 雑学

    メルカリで不良品や偽物が届いたときの対処法を紹介
  5. 雑学

    メルカリの値引き交渉を柔軟に対応するコツ
PAGE TOP