稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

初心者ブロガーには安いレンタルサーバーをお勧めしない理由

      2017/05/05

ブログを本気で始めてみようと思っている初心者ブロガーを志している人の登竜門として、独自ドメインを取得してレンタルサーバーを契約するということが第一に考えられるが、レンタルサーバーには各社様々なサービスで料金も格差があるが、初心者だからと言って安いレンタルサーバーを利用することはお勧めできない。

特に無料のブログサービスを利用してきた人の中で、レンタルサーバーを借りるとなると敷居が高いものとなり、安いレンタルサーバーばかりに目が行ってしまうものだが、本気でブロガーとして活動していきたいのであれば、それなりの料金が必要になるレンタルサーバーを選ぶ必要性があるのである。

この記事では、初心者ブロガーが格安レンタルサーバーを契約することがお勧めできない理由について解説していくと共に、格安レンタルサーバーのデメリットについて紹介してみたいと思う。これからレンタルサーバーを契約する人は参考にして、レンタルサーバー選びに役立ててほしいと思う。

格安レンタルサーバーがお勧めできない理由

急激なアクセス数増加に制限がかけられる場合がある

ブログを運営していくと、今までは短期間で急激なアクセス数の増加というものが無くても、他のメディアに取り上げられたり、SNSで拡散されたりなどのアクションがあると、急激にアクセス数が増加して短時間で何千万の人が一気にブログに押し寄せてくるバズを経験することが幾度もある。

そうなると、格安のレンタルサーバーでは他の契約者と共用してサーバーを利用しているために、一つのサイトで多くのアクセス数がある場合には他の契約者のサイトの速度が遅くなったりするために、サーバーダウンを起きないように早い段階でアクセス規制を設けられることがあるのである。

これは主に格安のレンタルサーバーでは規制を掛けられるアクセス数が早く、逆に高価なレンタルサーバーでは一気にアクセス数があっても規制を掛けられることは少ない傾向にあり、アクセス数の増大が見込まれるブログでは格安のレンタルサーバーは圧倒的に不利という訳である。

ブログが育つとサーバー移転を考えなければならない

最初の頃は一日のアクセス数が数百程度で、格安のレンタルサーバーで十分であったとしても、ブログを何年も継続して続けて、ブログが一定のアクセス数をキープするようになると、絶対的に格安のレンタルサーバーでは容量不足となり、頻繁に503エラーを繰り返すことになる。

このような状態が続くと、結局はサーバー移転を考えなければならないことになるのだが、このサーバー移転というのは本当に大変なものなのだ。移転に要する時間とリスクを考えると、極力はサーバー移転は繰り替えなさい方が良いのは明白であり、最初から割高なレンタルサーバーを選ぶことで手間が省けるのである。

私も最初の頃はロリポップの格安プランを契約していたのだが、アクセス数の増大するに連れて役不足が否めなかったため、エックスサーバーへ移転を行ったのだが、これが本当に大変な作業であり、一つ間違えればブログが消失するリスクもあるという理由から最初から割高なサーバーを選ぶことが重要なのだ。

レンタルサーバーの料金と質は比例するんじゃないの?

 - ブログ運営