音楽

DTMを使用しても音楽制作が上手くなるとは限らない

これまで長く楽器を続けてきた人などはアーティストが制作した音楽をコピーして弾くということに飽きて、自分で音楽制作を一から行ってみたいと思い立った時に、使用するソフトが音楽制作ソフトであるDTMであると思うが、これらを使用しても音楽制作が上手くなるという訳では決してない。

一昔前までは、このようなパソコンで音楽を制作することができるソフトや機材というものは、素人が手を出せる金額ではなかったのだが、現在では様々な音楽制作ソフトが発売されて、安く高機能であるという理由から多くの人が音楽制作ソフトに手を出すが、素人がソフトを駆使しても宝の持ち腐れである。

まず第一に、音楽制作ソフトというのは中学生の頃に音楽に興味を持って音楽をかじった程度のレベルではソフトの機能は使いこなせても、肝心な音楽制作という面では音楽の基礎が出来ていないために、音楽を作り上げるということ事態が難しいものであり、結局は使いこなせずに売却するケースが多いのである。

音楽制作ソフトというのは、その名の通りで音楽を制作するソフトであるのだが、この意味を履き違えている人がとても多いのが現状だ。音楽制作ソフトを使用すれば誰でも音楽が自由に制作できるという訳ではなく、あくまでも作曲者の表現を具体化するソフトであり、誰でも簡単に音楽が作れるというソフトではないのだ。

音楽を自ら作曲してみたいと思っているのであれば、このような高価な音楽制作ソフトを揃えるという形から入るのではなく、音楽の基礎をしっかりと学んだ上で音楽制作ソフトに手を出すというのが本来の順序であり、作曲に挑戦するという訳であれば基礎を固めることが何よりも大切なのである。

特に音楽制作ソフトでは、バンドで構成されているギターやベースやドラムなどをキーボードを使用してパソコンに入力していくため、全ての楽器の概要が分かっていないと音楽が作れないものであり、ギターが得意だからと言ってバンド等の作曲にDTMで作曲をするというのは無謀に近い挑戦という訳だ。

作曲に挑戦するならば基礎を固める必要があるんじゃないの?

関連記事

  1. 音楽

    セカオワファンクラブRAINSとSNOWSの違いと魅力について解説!

    独創的な世界観で多くのファンを魅了しているSEKAI NO OWARI…

  2. 音楽

    楽器という趣味は極める必要はないんじゃないの?

    音楽を趣味としていて、その中でも楽器を演奏するという事が趣味の…

  3. 音楽

    なぜSEKAI NO OWARIはネットで叩かれやすいのか?

    近年急成長を遂げたバンドがある、それはSEKAI NO OWARIだ。…

  4. 音楽

    アーティストの全国ツアーのセットリストが共通である理由

    好きなアーティストが全国ツアーを行うと、コアなファンは全国を駆…

  5. 音楽

    XJAPANのhideの貴重な素顔&すっぴん姿を公開してみる

    XJAPANと言えば日本のロックシーンを語る上で欠かせないバンドである…

  6. 音楽

    マキシマムザホルモンのギターの難易度は非常に高い領域にある

    音楽が好きな人であれば、一度は聞いたことがあるであろうマキシマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    神経質すぎる性格を改善する考え方を伝授したいと思う
  2. 雑学

    エレクトロタップを使っての配線分岐はお勧めできない理由
  3. メンタルヘルス

    不眠症の場合でも心療内科の受診をお勧めできない決定的な理由
  4. オピニオン

    結婚をしても専業主婦という選択をしてはいけない理由
  5. オピニオン

    試験に緊張してしまい実力を発揮できない人は精神安定剤を飲め
PAGE TOP