雑学

雪の日にワイパーを立てる必要性について整備士が解説

雪が降るシーズンになると、多くの車が駐車中にワイパーを立てている光景を目にして、何の意味があって車のワイパーを立てるのか疑問に感じている人も多くいることだろう。結論から言えば、雪のシーズンにワイパーを立てるのは、雪の重みでワイパーが折れるのを防止するのだが、もっと詳しく解説していこう。

第一に雪のシーズンになっても、ワイパーが折れている車を見るということは殆どなく、別にワイパーを上げなくてもワイパーが折れたことはないから大丈夫と思ってしまうかもしれないが、雪でワイパーブレード自体が折れることはなく、正解は雪の重みでワイパーのジョイント部分が外れてしまうのである。

ワイパーというのは、モーターと直結されている訳ではなく、車を分解して見てみると、一つのモーターで左右のワイパーを動かすためにバーで繋がっているのだが、これに大きな力が加わると、バーとワイパーブレードを接続しているジョイント部分が外れてしまうという訳である。

ジョイント部分が外れてしまっても、ジョイントを接続し直せば簡単に修理可能という訳ではなく、車種によっては車の内張りを外さなければならない車種なども多くあり、手間賃として多くの修理費が必要になってしまうのである。そのため雪のシーズンには必ずワイパーを立てることが重要という訳だ。

雪の日にはワイパーを立てる必要性があるんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    プロトタイプカーの車体色が逆に目立つ渦巻き模様である理由

    自動車メーカーが車のコンセプトを考えて実際に設計を行う際には様…

  2. 雑学

    自販機に硬貨を入れても釣り銭口に落ちてしまう原因を解説

    日本の自動販売機設置率というのは世界中と比較してもかなりの台数…

  3. 雑学

    カーバッテリー交換後にパワーウィンドウが効かない時の対処法

    車のカーバッテリーというのは5年程度で寿命を迎えることになる訳…

  4. 雑学

    充電制御車の仕組みを整備士が分かりやすく解説しよう

    車の多少の知識がある人であれば、充電制御車という言葉を一度は耳…

  5. 雑学

    タイヤ空気圧センサーの仕組みを整備士が分かりやすく解説

    車に日常的に乗っている人であれば、道路上に転がっている釘などの…

  6. 雑学

    タバコは百害あって一利なし?いや、タバコはメリットだらけ

    近頃は禁煙ブームの到来で昔に比べて喫煙所も減り、タバコ自販機も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    ストレス耐性を高める簡単な方法について伝授したいと思う
  2. 雑学

    バイクの場合はオービスが光っても検挙されないのか?
  3. オピニオン

    最低学歴である中卒でも別に良いんじゃないの?
  4. オピニオン

    20代の若者が遊びよりも貯金目的で労働するのは正しいのか?
  5. カラダ

    空腹時のお腹の音を高確率で止める方法とは?
PAGE TOP