雑学

雪の日にワイパーを立てる必要性について整備士が解説

雪が降るシーズンになると、多くの車が駐車中にワイパーを立てている光景を目にして、何の意味があって車のワイパーを立てるのか疑問に感じている人も多くいることだろう。結論から言えば、雪のシーズンにワイパーを立てるのは、雪の重みでワイパーが折れるのを防止するのだが、もっと詳しく解説していこう。

第一に雪のシーズンになっても、ワイパーが折れている車を見るということは殆どなく、別にワイパーを上げなくてもワイパーが折れたことはないから大丈夫と思ってしまうかもしれないが、雪でワイパーブレード自体が折れることはなく、正解は雪の重みでワイパーのジョイント部分が外れてしまうのである。

ワイパーというのは、モーターと直結されている訳ではなく、車を分解して見てみると、一つのモーターで左右のワイパーを動かすためにバーで繋がっているのだが、これに大きな力が加わると、バーとワイパーブレードを接続しているジョイント部分が外れてしまうという訳である。

ジョイント部分が外れてしまっても、ジョイントを接続し直せば簡単に修理可能という訳ではなく、車種によっては車の内張りを外さなければならない車種なども多くあり、手間賃として多くの修理費が必要になってしまうのである。そのため雪のシーズンには必ずワイパーを立てることが重要という訳だ。

雪の日にはワイパーを立てる必要性があるんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    二輪免許取得時の難関である一本橋は秒数を一切気にするな!

    二輪免許を取得する時期としては暑くもなく寒くもない6月という季…

  2. 雑学

    自販機に硬貨を入れても釣り銭口に落ちてしまう原因を解説

    日本の自動販売機設置率というのは世界中と比較してもかなりの台数…

  3. 雑学

    夏場の車のエアコンを上手に使い燃費を向上させる裏技を紹介

    夏場になると車に乗っている人の殆どはエアコンを付けると思うが、…

  4. 雑学

    最近のお葬式でお清めの塩を配布しない納得の理由

    お葬式などに出向くと、火葬場の出口で必ずと言って良いほどお清め…

  5. 雑学

    パトカーなどの緊急車両はどこで車検を受けているのか解説

    新車で車を購入した時には3年で継続検査を行い、その後は2年ごと…

  6. 雑学

    夜にネット回線が遅くなる理由について解説したいと思う

    今やどの家庭も光回線でネットのスピードは一昔前に比べて格段に速…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    日本人がブランド品に拘る理由は飽きれるほどの個性の欠損だ
  2. メンタルヘルス

    医学書には載っていない「対人恐怖症」を治すために意識したいこと
  3. オピニオン

    学校という空間は無駄なことしか教えない刑務所である
  4. オピニオン

    ニートが人生をやり直せる年齢なんてものは存在しない
  5. 音楽

    セカオワFukaseは歌詞をカンニングし過ぎている
PAGE TOP