雑学

確定申告の受領印は申告書の承諾という意味ではない

確定申告を作成して、税務署に持参を行ったり郵送を行った際には、申告書の控えというものに税務署の受領印を押してもらえるが、この税務署の受領印というのは確定申告書を税務署が確認を行って承諾したという意味ではなく、申告書が提出された事実と、提出日を明らかにするという意味合いを持ったものでしかない。

それもそのはずであり、確定申告の時期なると、税務署というのは申告書を作成する人や申告書を提出する人が大勢おり、各税務署が税理士を応援に呼んだとしても圧倒的に仕事が回らないものであり、その中で提出された申告書を細かくチェックして確認して受領印を押している暇など税務署にはないのである。

申告書を提出した際にチェックされる項目は、提出書類が揃っているか?明らかに計算が一目で分かる程おかしくないか?という簡単なチェックしか行わないものであり、受領印が押されていたとしても、確定申告の内容が税務署に承諾されたという訳ではないのである。

それでは確定申告書が明らかに不審な点がある場合には、確定申告書を提出したことを忘れている8月か9月頃に、申告者に直接連絡を行い、税務署に来るように命じられることが大半であり、その時にならないと申告書の記載が正しいか分からず、正しい内容で申告をするということが重要なのだ。

受領印が押されていても承諾という意味ではないんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    タバコ自販機のtaspoは未成年購入抑止に繋がらない

    私は成人なので法律的にタバコの喫煙は可能であり、私も喫煙家なの…

  2. 雑学

    車のオイルは5000キロで交換する必要は無い理由

    車を所有している人であれば、自分の車のオイル交換は当然行ってい…

  3. 雑学

    厄介なしゃっくりを一発で止める方法を大公開

    お酒を飲んだ日や多く食事を取りすぎた際に不意に起こる「しゃっく…

  4. 雑学

    動画再生中に流れるYouTube広告を全削除する裏技

    YouTubeはネットを触れている人ならば知らない人はいないと…

  5. 雑学

    車の寿命は10年10万キロという概念は古い理由を整備士が考察

    形あるものはいつか壊れてしまう訳であるのだが、物の買い替えを検…

  6. 雑学

    洗車の際に食器用洗剤を使用しても良いのか整備士が解説

    車を洗車しようと、準備に取り掛かっていると前に使用したカーシャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    適当という言葉を悪い意味で捉える人はストレス過多だね
  2. オピニオン

    普通免許で125ccバイクが乗れる規制緩和は完全なデマである
  3. ブログ運営

    ブログは最高の趣味であり仕事である
  4. オピニオン

    仕事は3年続けろという社畜の教訓の言葉に騙されてはいけない
  5. オピニオン

    宅配業者の激務を軽減するために再配達時間制限とかアホなの?
PAGE TOP