稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

低身長で悩む必要性なんてないんじゃないの?

      2017/05/20

低身長で悩んでいる人というのは特に男に多い傾向にあると思う。学生の頃には同級生の皆が身長が伸びていくにつれて、自分の身長は止まったままという危機感を覚えて、毎年ある身体測定の時間になると憂鬱になる経験をしたことがあるだろう。しかし低身長で悩む必要性なんてものは本当に皆無である。

まず第一に低身長のデメリットというものを考えてみると、低身長ということで日常生活に支障をきたすというケースは考えられず、大多数は他人から見た自分を意識してしまい、それに対して劣等感を持ってしまうというのが低身長の勇逸のデメリットであり、他人を意識などせずに堂々としていれば良いだけの話なのである。

日本人というのは本当に他人からみた自分という第三者の目線を気にしてしまいやすいのだが、他人というのは人のことなど注目しておらず、低身長という劣等感は自意識過剰と断言ができる。そのため低身長ということに劣等感を感じている暇があれば、自分を磨く努力を率先して行うべきなのである。

もし、低身長ということに劣等感を感じているのであれば、他人は人のことなど意識していないということを理解して、低身長というレッテルに縛られない自己表現を行って欲しいと思う。何度も言うようだが低身長で悩む必要性なんてものは皆無なのである。

低身長で悩む必要性なんてものは皆無なんじゃないの?

 - メンタルヘルス