メンタルヘルス

欲しいものが無いという心理に隠された深層心理

人には新しいものが欲しいという心理が誰しもが持っており、労働をする意味を問いただすと物を購入するために労働をしているといっても過言ではないと思うが、中には物欲という欲がなく、給料が振り込まれても稼いだお金を一体何に消費すれば良いのか分からないという物欲が無いという人もいることだと思う。

このような物欲が無いという人は、自分が何を欲しているのか分からず、目的の無い貯金を永遠をしてしまう傾向になるのだが、欲しいものが皆無という状態では労働をする意味と意欲が削られるものであり、健康的とは決して言えないものであり、このような物欲が無い人の深層心理は決まっているのである。

この記事では、物欲というものが全くなく、自分が一体何のために労働をしているのか分からないという人や、物欲が無さ過ぎて毎日がつまらないという人に向けて、物欲が無くなってしまう根本的な原因について解説していきたいと思う。物欲が無いという人は毎日を輝かせるために適度な物欲を得て欲しいと思う。

物欲が無くなる原因

商品というものに興味が根本的に無い

物欲がある人というのは、物を手に入れて満足感や、高級な物を購入したという優越感を物によって得るのだが、物欲が無い人はこのような製品に対しての興味というものがあまり無い場合が見受けられる。それは物で自己表現や満足感を得なくても今の現状に十分満足している証でもあるため悪い事とは言えない。

贅沢が出来ない環境下である

例えば、マイホームを所有している人や車を所有している人は毎月の引かれるお金というものが莫大なものとなり、贅沢品にお金を消費するほどの経済的余裕が無い場合が見受けられる。特に小さい頃から贅沢は敵という環境下で育った人は贅沢をする意味が分からず、物欲が根本的に無いという場合も考えられる。

一時の感情を理解している

確かに物を購入すると、短時間だけは物を所有したという優越感や喜びで満たされるのだが、物を所有してもその感情というのは一時の感情であるということを理解しているために物を購入して、お金を贅沢に使うということが無駄遣いという認識を持っているために、物欲が無くなる場合も考えられる。

別に物欲が無くても良いんじゃないの?

物欲が無いということを人に伝えると、なんで物欲が無いのか疑問に感じられることがあるかもしれないが、物欲が無いという人は感情を物によって左右されることが無く、物以外で自分の楽しみを持っている人だと言えるため、物欲が無いというのは決して悪いことではないのである。

しかし、物欲があまりにもなさ過ぎて、何か物を購入しようと考えている場合には、物を購入することを躊躇うことなく思い切って購入するということが物を購入しても贅沢をしてしまったという罪悪感を感じないために重要なことであり、適度な贅沢は必要なのである。

物欲が無くても別に良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    新入社員よ!仕事のミスは白を切ることが重要である

    4月になって新しい環境で生活をスタートする新入社員は様々な不安…

  2. メンタルヘルス

    デパスより効果が強い精神安定剤であるレキソタン錠の効き目

    うつ病などで心療内科や精神科に受診をすると、まず処方される薬の…

  3. メンタルヘルス

    引きこもりやメンタルが弱いニートは心療内科へ行くと人生が変わる

    対人恐怖症やうつ病などで引きこもりになってしまった人は一体どの…

  4. メンタルヘルス

    デパスの代用薬を探しているならルネスタがおすすめ

    2016年の9月に精神安定剤であるデパスが全面輸入禁止となり、…

  5. メンタルヘルス

    デパス依存者よ!薬で誤魔化すのではなく素の自分で戦え!

    日本というのは鬱病大国であり、仕事のストレスなどで不眠症や対人…

  6. メンタルヘルス

    人生の決断に迷ったら心情を紙に書くことが重要

    人生の決断は生きていれば必ず訪れる。それは学生であれば志望校の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    学生のズル休みを防ぐためには自ら学校に連絡させれば良い
  2. メンタルヘルス

    友人がいなくて不幸?何言ってんのメリットだらけじゃないですか
  3. メンタルヘルス

    現実で嫌なことがあったら全て夢の中の話だと思いこもう
  4. オピニオン

    収入を増やすためには会社の給料以外での収益を得る必要性
  5. オピニオン

    ニートや引きこもりの本当の社会復帰は「就職」ではない
PAGE TOP