稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

自動車整備士を志す人は知っておくべき労働環境を整備士が解説

      2017/05/27

車が好きな人にとっては、自動車に関する仕事に就きたいと考えたときには、自動車を整備する自動車整備士という職業を第一候補にいれると思うが、自動車整備士という仕事は本当に自動車が好きでないと務まらない職種であり、特にディーラーでは過酷さに負けて退職をするという人が後を絶たない仕事である。

特に最近ネットで話題になった事として、整備士の給料がバイト並みというニュースが流れたのだが、これらを踏まえて整備士という仕事の労働環境について解説していきたいと思うので、これから整備士を志している人は整備士とはどのような環境下で働いているのかということを理解してから整備士になるか否かを決めて欲しい。

勿論、整備士として働くことのやりがいは大いにある職業なのだが、整備士のメリットを陳列しても整備士の現状は見えてこないため、この記事では整備士になるデメリットを中心として紹介していきたと思う。就職活動中の学生などで職業選択で整備士を志している人は参考にしてみて欲しいと思う。

自動車整備士という職業のデメリット

冬は寒くて夏は暑い

自動車整備士が働く勤務場というのは整備工場であるため、一般的な事務とは違って屋根が付いている屋外で仕事をしなければならないために、冬は寒くて夏は暑いという環境の中で仕事をしなければならない。冬に暖房を付けない理由としては、多くの危険物を扱うために安全を考慮してのことだ。

残業は当たり前

整備士というのは特にディーラーなどでは、上司から整備に必要な時間を予め設定されて、その期限までに整備を終えなければいけないという暗黙の了解が存在しており、期限までに間に合わせるためには残業は当たり前であり、中には残業手当を付けない整備工場も存在しているのが実情である。

給料が安い

これは一時期ネットでも話題になった事なのだが、整備士の給料というのは基本的に安い傾向にあり、正社員として働いているにも関わらずアルバイトの方が稼げるという整備工場も見受けられる。そのため整備士として稼ぐために自分で車屋を開業するという整備士も多くいる。

車が本当に好きでないと整備士は務まらない

このように、整備士という仕事は過酷な労働環境の中で働かなければならず、若い整備士が新入社員として入ってきたとしても現実と理想とのギャップで辞めてしまう人が多いのが整備業界なのである。そのため本当に車が好きで整備をしたいという人でないと整備士は務まらないのである。

好きでないと務まらないんじゃないの?

 - オピニオン