稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

読者目線でブログ記事を執筆するとつまらない記事の量産になる

      2017/06/01

ブログ記事やネットニュースなどの記事というのは、大抵が悪い意味での読者目線で執筆している記事が多い。それは批判などのトゲのある文章は極力抑えて、当たり障りのない記事を書くというものなのであるのだが、ニュースなどではこのような書き方で良いかもしれないが、個人のブログに読者目線は必要ない。

例えば誰に向けても批判が来ない文章というのは、批判を受けない安全地帯なのかもしれないが、ブログの醍醐味というのは自分が感じている率直な意見を書くということが重要なことであり、読者の目線を気にして本当に書きたい記事を書けないのは本末転倒であり、ブログを書く必要性すらない。

考えてみて欲しいのだが、読者が検索エンジンでブログに流入してきたとすると、特徴の無いブログ記事というのは読者が調べたい事柄が分かったら、通りすがりとして直ぐにブログから離れてしまうのである。しかし、文章にトゲのあるブログというのは読者からしてみれば他の記事も閲覧したくなるものだ。

現に有名ブロガーというのは、必ず文章に誰が書いても一緒という特徴の無い文書とは違い、かならず本人にしか書けない特徴的な文章校正というものがある。そのためこれから有名ブロガーになりたいのであれば、ネットに転がる似たような文章は避けて、特徴のある文章を書くことを意識することが大切なのである。

ブログ記事は特徴的である必要性があるんじゃないの?

 - ブログ運営