雑学

Amazonで納品書が入っていない場合の対処法を紹介

Amazonで商品を購入すると、少し前までは納品書必ず同封されていたのだが、現在はコスト削減やエコを目的として納品書が同封されていないケースが多くなってきている。Amazonの公式では納品書は全ての商品に同封される訳ではなく、場合によっては同封しないケースがあると書かれており納品書が必要な場合には不便だ。

会社員の場合には確定申告などは必要なく、Amazonで購入した商品を経費として計上することは少ないかもしれないが、個人事業者やフリーランスとして活動している人にとっては納品書が無いと購入したものが経費として計上できないために納品書というものは結構重要だったりする。

しかし安心して欲しいのだが、Amazon側としては納品書は発行しないという方針ではなく、必要な人に納品書を自ら印刷して使用してくださいというスタンスだ。Amazonのマイページから購入履歴を辿るとしっかりと納品書を出力できる仕組みになっており、納品書が必要な場合には印刷して利用することができる。

もし、Amazonで経費として計上しなければならない商品を購入して納品書が同封されていなかった場合には、マイページに移動して納品書を自ら印刷することで納品書が手に入るため、個人事業者やフリーランスとして活動している人は個々で納品書を印刷して利用してほしいと思う。

納品書は自ら印刷すれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    ハーレーダビッドソンのバイクが高い理由について解説しよう

    町中を車で走っていると、遠くから破裂音のようなエンジン音が聞こ…

  2. 雑学

    エンジンルーム内の水洗いは大丈夫なのか自動車整備士が解説

    車を綺麗にしている人であれば、外観は勿論のこと室内も綺麗に掃除…

  3. 雑学

    メルカリで売れる価格設定の心理技術を伝授したいと思う

    自宅にある不要な物を手軽に出品することができるメルカリというサ…

  4. 雑学

    みなし公務員は公務員同様に副業禁止の法令に当てはまるのか?

    会社の給料だけでは満足できずに、副業を考えている会社員というの…

  5. 雑学

    バイクの慣らし運転は高速道路を使っても良いのか整備士が解説

    最近の車というのは過去に比べて高品質化しているために、車の場合…

  6. 雑学

    幽霊が99%怖くなくなる心理技術を紹介したいと思う

    夏になれば心霊特集や怖い話などで心も体も寒い思いをする機会が増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    好きなことを仕事にするというのは自分の首を絞めるということ
  2. メンタルヘルス

    うつ病を改善させるためには環境を変える以外に選択肢はない
  3. オピニオン

    名車と呼ばれるバイクが次々と生産終了になる運命を辿る理由
  4. オピニオン

    ニートが会社員より辛い理由について元ニートが解説しよう
  5. オピニオン

    田舎には娯楽が無いと断言する人というのは愚かさの極みだね
PAGE TOP