雑学

Amazonで納品書が入っていない場合の対処法を紹介

Amazonで商品を購入すると、少し前までは納品書必ず同封されていたのだが、現在はコスト削減やエコを目的として納品書が同封されていないケースが多くなってきている。Amazonの公式では納品書は全ての商品に同封される訳ではなく、場合によっては同封しないケースがあると書かれており納品書が必要な場合には不便だ。

会社員の場合には確定申告などは必要なく、Amazonで購入した商品を経費として計上することは少ないかもしれないが、個人事業者やフリーランスとして活動している人にとっては納品書が無いと購入したものが経費として計上できないために納品書というものは結構重要だったりする。

しかし安心して欲しいのだが、Amazon側としては納品書は発行しないという方針ではなく、必要な人に納品書を自ら印刷して使用してくださいというスタンスだ。Amazonのマイページから購入履歴を辿るとしっかりと納品書を出力できる仕組みになっており、納品書が必要な場合には印刷して利用することができる。

もし、Amazonで経費として計上しなければならない商品を購入して納品書が同封されていなかった場合には、マイページに移動して納品書を自ら印刷することで納品書が手に入るため、個人事業者やフリーランスとして活動している人は個々で納品書を印刷して利用してほしいと思う。

納品書は自ら印刷すれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    部屋にアシダカグモが出没しても退治してはいけない理由

    子供の頃には虫に触る事ができたのに、大人になった今では虫を見る…

  2. 雑学

    車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説

    車を保有している人であれば自分の車に傷をつけたくないと思うのは…

  3. 雑学

    バイクの整備時にはトルク管理が非常に重要になる理由

    バイクという趣味性の高い乗り物の場合には、自分で既存の純正スタ…

  4. 雑学

    オートマ車にニュートラルがある本当の理由を整備士が解説

    車には自動的に変速をしてくれるオートマ車と、自分で車速に合わせ…

  5. 雑学

    退職願と退職届の違いについて解説したいと思う

    毎日会社に束縛されてキツい仕事で安月給で働いている人は一度は会…

  6. 雑学

    車のブレーキを踏むと「キー」と異音がする場合は危険信号

    車というのは消耗品であり、一台の車を長く乗っている人や長距離を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    PCメーカーであるASUSの読み方について決着をつける
  2. オピニオン

    20代から貯金をするという選択は貴重な時間を犠牲にしている
  3. オピニオン

    仕事が欝で楽しくないという人に向けた仕事が楽しくなる心構え
  4. オピニオン

    結婚をしても専業主婦という選択をしてはいけない理由
  5. メンタルヘルス

    オオサカ堂での個人輸入をした際に手元まで届く期間とは?
PAGE TOP