雑学

Amazonで納品書が入っていない場合の対処法を紹介

Amazonで商品を購入すると、少し前までは納品書必ず同封されていたのだが、現在はコスト削減やエコを目的として納品書が同封されていないケースが多くなってきている。Amazonの公式では納品書は全ての商品に同封される訳ではなく、場合によっては同封しないケースがあると書かれており納品書が必要な場合には不便だ。

会社員の場合には確定申告などは必要なく、Amazonで購入した商品を経費として計上することは少ないかもしれないが、個人事業者やフリーランスとして活動している人にとっては納品書が無いと購入したものが経費として計上できないために納品書というものは結構重要だったりする。

しかし安心して欲しいのだが、Amazon側としては納品書は発行しないという方針ではなく、必要な人に納品書を自ら印刷して使用してくださいというスタンスだ。Amazonのマイページから購入履歴を辿るとしっかりと納品書を出力できる仕組みになっており、納品書が必要な場合には印刷して利用することができる。

もし、Amazonで経費として計上しなければならない商品を購入して納品書が同封されていなかった場合には、マイページに移動して納品書を自ら印刷することで納品書が手に入るため、個人事業者やフリーランスとして活動している人は個々で納品書を印刷して利用してほしいと思う。

納品書は自ら印刷すれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    人形の処分はどのようにして処分すれば良いのか解説

    物を処分しようと部屋の中を掃除していると、様々な粗大ゴミが出て…

  2. 雑学

    自動車のクラッチ板交換が高額請求になる理由を整備士が解説

    現代は自動車免許を保有していなければ逆に珍しいと言われる程に運…

  3. 雑学

    通販での保証書未記入の場合における保障の受け方

    通販等を利用する時に気になるのが保障ということであると思うが、…

  4. 雑学

    カーバッテリーを完全に上げた状態で走行してはいけない理由

    車を保有している人であれば、一度はカーバッテリーを完全に上げて…

  5. 雑学

    車検が無いという理由で250ccバイクを検討しては駄目な理由

    最近、若者の車離れが深刻化している。しかし車には興味は無くても…

  6. 雑学

    ネズミ捕りを対向車にパッシングで教えるのは公務執行妨害罪?

    車に日常的に乗っているドライバーならば一度は速度取り締まり「ネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    脳に作用する睡眠薬や精神安定剤は安易に服用すべきではない
  2. 雑学

    車検の際に行われる下回り塗装について自動車整備士が解説
  3. カラダ

    早起きがしたいという人必見の簡単に早起きが出来る裏技
  4. ブログ運営

    ブログが不手際によって表示出来なくなった場合の対処法
  5. メンタルヘルス

    ニートには物を持たないミニマリストという生き方が合っている
PAGE TOP