雑学

Amazonで納品書が入っていない場合の対処法を紹介

Amazonで商品を購入すると、少し前までは納品書必ず同封されていたのだが、現在はコスト削減やエコを目的として納品書が同封されていないケースが多くなってきている。Amazonの公式では納品書は全ての商品に同封される訳ではなく、場合によっては同封しないケースがあると書かれており納品書が必要な場合には不便だ。

会社員の場合には確定申告などは必要なく、Amazonで購入した商品を経費として計上することは少ないかもしれないが、個人事業者やフリーランスとして活動している人にとっては納品書が無いと購入したものが経費として計上できないために納品書というものは結構重要だったりする。

しかし安心して欲しいのだが、Amazon側としては納品書は発行しないという方針ではなく、必要な人に納品書を自ら印刷して使用してくださいというスタンスだ。Amazonのマイページから購入履歴を辿るとしっかりと納品書を出力できる仕組みになっており、納品書が必要な場合には印刷して利用することができる。

もし、Amazonで経費として計上しなければならない商品を購入して納品書が同封されていなかった場合には、マイページに移動して納品書を自ら印刷することで納品書が手に入るため、個人事業者やフリーランスとして活動している人は個々で納品書を印刷して利用してほしいと思う。

納品書は自ら印刷すれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    NAVERまとめの注目まとめ常連になりたいのならば継続が大切

    ネットで手軽にお小遣い稼ぎができるサービスは様々あるが、最近で…

  2. 雑学

    自動車の純正部品はどこで入手すれば良いのか整備士が解説

    車好きな人にとっては、単純なカスタムだけではなく、自分の車は自…

  3. 雑学

    車のサイドミラーを破損してしまった場合の修理費用は高額だ

    車に乗っている人であれば常に安全運転は心掛けて運転をしていると…

  4. 雑学

    メルカリで売れる価格設定の心理技術を伝授したいと思う

    自宅にある不要な物を手軽に出品することができるメルカリというサ…

  5. 雑学

    働かなくても大金持ち「ネオニート」という存在は一体なんだ?

    恋愛ニート・社内ニート・学生ニートなど様々な○○ニートという造語が作り…

  6. 雑学

    メルカリで不良品や偽物が届いたときの対処法を紹介

    不用品を手軽にスマホから出品できるメルカリを利用して、不用品を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    クレジットカードにステータス性を求めるのはバカである
  2. 雑学

    バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について
  3. オピニオン

    ハローワークでブログについて話したら超褒められた件
  4. 家電

    解約された携帯番号は永久的に抹消される運命なのか?
  5. メンタルヘルス

    毎日が単調という日々を改善させるためには変化を受け入れろ
PAGE TOP