稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

サーチコンソールの更新がストップしても心配する必要性はない

      2017/06/07

ブログやサイトを管理している殆どの運営者はGoogleが提供しているサーチコンソールというサイトの情報を一括で確認できるサービスを利用していると思うが、このサーチコンソールというサービスはGoogleの開発したサービスの中でも不安定であり、動作が稀に不安定になる場合がある。

それはインデックスに登録済みが何もしていないにも関わらず、いきなり数百というインデックス数が低下したり、検索クエリが連日更新されないなど様々な不安定な状態になることがある。特に利用し始めた最初の頃にはこのようなトラブルが発生すると心配になるのだが、サーチコンソールではこれらは日常茶飯事なのだ。

これらのトラブルというのは年に数回程度起きるものであり、サーチコンソールの動作が不安定という理由で心配になる必要性はないのである。もしこのようなトラブルが発生したときにはTwitterなどで同じ状況で困っている人が多数書き込みをしているのであれば、それはGoogle側の問題であり、何もする必要性はない。

だがしかし、サーチコンソールで確認と注意が必要なトラブルは「手動による対策」に警告文が表示されている場合であり、これはサイトに他サイトからの引用や、スパムと思われる投稿を連続で行っている場合にGoogle側が人間の手でサイトの順位を一気に下げるというものである。

この警告文に気が付かずに適当にサイト運営を行っていると、必ずクロールの統計情報が低下したり、インデックス数に登録済みが減少したり、サイトのアクセス数が激減したりと問題が発生してくるため、サーチコンソールで更新がされない場合にはまず、手動による対策を確認することが大切である。

この手動による対策に何も表示がされておらず、サーチコンソールの更新がされていない場合には高確率でGoogle側のページ更新が滞っていると断言できるため、真面目にサイトを運営していてサーチコンソールの異変がある場合には安心してサイトの運営を行って欲しいと思う。一番の解決方法は放置をすることなのだから。

サーチコンソールのトラブルは日常茶飯事なんじゃないの?

 - ブログ運営