稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

整備士が推奨するワコーズフューエルワンの実力

   

車やバイクを長く乗っていると、購入したときのエンジンの実力が発揮できなくなるのは仕方がないことであり、エンジンを始動させると必ずキャブレターやインジェクションにカーボンやヤニなどが付着して本来のエンジンの実力が発揮できなくなり、エンジンの調子も悪くなってしまう。

そのような時の対策として一番に考えられるのが、エンジンのオーバーホールといってキャブレターなどを取り外して掃除を行うことなのだが、これはプロに頼まなければ敷居が高いものであり、気軽に素人が行える作業ではなく放置をしてしまうことが大半なのだが、このような時にワコーズフューエルワンを試してほしい。

ワコーズフューエルワンは、ケミカル剤と呼ばれるもので、燃料タンクに注入するだけでエンジンにこびりついたデポジットなどを除去してエンジンの性能を取り戻すことを目的としているのだが、数多くあるケミカル剤の中でもワコーズフューエルワンは特に効果が実感できるとして有名だ。

私もワコーズフューエルワンは性能の低下したエンジンに効果があるということは耳にしており、半信半疑で使用してみたのだが、想像以上の効果があったために紹介してみたいと思う。もしエンジンの性能低下が感じられたら一度試してみることを整備士としてお勧めしたいと思う。

ワコーズフューエルワンの効能

まず、なぜエンジンというものが劣化をしてしまうのかということについて説明すると、エンジンの能力が低下する要因として様々な理由があるが、特に劣化したガソリンをキャブレターの中に送り込むと、キャブレターの一ミリにも満たない噴射口が不純物で詰まってエンジンの始動ができなくなってしまうのだ。

ここにワコーズフューエルワンを燃料タンクの中に注入すると、劣化したガソリンに含まれている不純物を溶かしてガソリンと混合されて一緒に燃焼させてしまうのである。そしてシリンダーの中にも添加剤の噴射が行われるために、付着したデポジットを燃焼させてエンジンが綺麗になるという仕組みである。

このような効果がワコーズフューエルワンにはあるために、エンジンに付着していたデポジットなどで可動が悪くなっていた部分の潤滑が良くなり燃費が良くなったり、キャブレターの中に付着していたガムなどが除去されてエンジンの始動がスムーズにあるなどの効果をもたらしてくれるのである。

ワコーズフューエルワンの使用方法

ワコーズフューエルワンの使用方法は簡単であり、燃料タンクに注入をするだけで完了なのだが、注意をしなければいけないのが注入する際には給油をして燃料タンクを満タンにした状態で注入するということであり、少ない燃料に対して一本を入れてしまうとエンジンのかぶりなどの影響を受けやすい。

燃料タンク30リットルから60リットルに対して1本の割合で注入をすれば良いのだが、車種によってはガソリンを満タンにしても30リットル未満である車種も存在しているために、特に軽自動車などでは三分の二程度を目安として注入して、数回に分けて使用することがお勧めだ。

30リットル未満では1%を超えて注入すると、かぶり等の影響をうけることがあるために、特にバイクなどの燃料タンクの容量が少ない場合には感覚として3秒程度ワコーズフューエルワンを注入すれば大丈夫であり、数回に分けて注入を続けることで効果が実感できるだろう。

エンジンの性能低下が実感できたらワコーズフューエルワン

私は整備士なのだが、ディーラー等の話を聞いていると長年乗った車でエンジン不調をで訪れたお客さんにこのようなケミカル剤をお勧めして、燃料タンクに注入すると直ぐに効果が実感できて、お客さんから別途購入をしたいという申し入れがあったなどの話を耳にしたことがある。

そのため、新しい車でエンジンの性能が十分に発揮できているエンジンに関しては効果が実感できることは少ないかもしれないが、特に走行距離が多い車や年式が古い車などでは大きな効果を実感できる場合が多いために、エンジンの不調が気になったら購入するメリットは十分にあると思う。

値段もオーバーホールを委託するより遥かに安い1700円程度で手に入るために、数本購入して給油をする際に注入するということを行えば新しいエンジンであれば劣化予防になるし、古いエンジンであれば性能回復などの効果があるためぜひ試してみて欲しいと思う。

添加剤はワコーズフューエルワンが良いんじゃないの?

 - 雑学