オピニオン

うつ病社畜が口にする「仕事は辞められない」というアホな虚言

会社員として会社の養分となって自分の貴重な時間を会社に捧げている社畜と呼ばれる人達は絶対的に何かしらのストレスを抱えており、そのストレス度数が大きくなると不眠症やうつ病の発症などの体への影響から始まり、挙句の果てには自ら命を絶ってしまう人も多いのが今のご時世である。

そのような厳しい会社で仕事をしている所謂ブラック企業と呼ばれている会社員は、このままいけば絶対に体を壊してしまうと自分自身で分かっているにも関わらずに、今の会社は辞めるわけにはいかないという誤った固定観念に押しつぶされながら現状維持バイアスに陥っている人達が多い。

このようなうつ病社畜として働いている人というのは会社に洗脳されている場合が殆どであり、退職をして環境を変えて労働をするという選択肢が見つからないケースが非常に多いのだが、うつ病になっても環境を変えずに仕事を続けるというのは拷問であり、この固定観念を持っている時点で救いようがない。

日本人というのは一度決めたことは最後までやり遂げなければならないという一昔前のアホみたいな風潮が世の中に浸透しているために、環境を自ら変えていくという事に対しての免疫力が皆無に等しい。そのため一度入社した会社がブラックであっても退職をするという選択肢は除外してしまうのである。

今のご時世は、このような会社員に対して過酷な労働を強いる企業というのが本当に多く、このような「石の上にも三年」という教訓が当てにならない世の中であり、勤めている会社がブラックでうつ病の一歩手前であれば潔く退職をして違う環境を見つけるということがストレス社会を生き抜くためには必要なことなのだ。

仕事は潔く辞めれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    地元の企業に就職するデメリットは意外と多い事実

    就活などで就職先を選択する際には、給料や年間休日日数など様々な…

  2. オピニオン

    田舎は何にもないだと!田舎の楽しみは探し出す事にあるのだ。

    田舎と聞くと、田んぼが近くにあり、夏になればアニメで見るような…

  3. オピニオン

    日本は社会的弱者であるニートに対して「クズ」としか言わない

    ニートという存在を一般的な社会のレールに沿って学校を卒業して就…

  4. オピニオン

    ニート生活を続けることで失うものは計り知れないというお話

    ニートという生活というものを想像してみると、毎日目的もなく自堕…

  5. オピニオン

    中型取得者の大型二輪免許の規制緩和を推進して欲しいものだね

    今年の7月から125ccクラスの二輪免許の取得の規制緩和が実施…

  6. オピニオン

    時間に束縛されない時計を捨てるという思考法のメリット

    人というのは日常生活の中で常に時間に追われて会社であれば出勤時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    NAVERのまとまー&専業アフィリエイターになってみた。
  2. オピニオン

    有人スタンドで燃料コックを規定トルクで閉めないバカスタッフ
  3. メンタルヘルス

    うつ病や不眠症になっても精神科や心療内科は受診するな!
  4. オピニオン

    意味のない貯金をしている人が家計簿を付けてはいけない理由
  5. カラダ

    禁煙成功の秘訣はタバコの記憶を抹殺することに尽きる
PAGE TOP