稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ストレスを軽くする魔法の言葉「どうでも良い」思考

      2017/06/13

人は仕事や私生活でストレスを抱えてながら生活をしているが、ストレスの大半というのは対人関係が大部分を占めており、その原因となる根本的な理由は人に期待をするという事と、人から命令を出されるという二種類のストレス要因に分けられるのだが、このようなストレスには「どうでも良い」思考が役に立つ。

このようなストレスを感じてしまうのは、対人関係などで自分が理想としている対応がなされなかったために対人関係面でストレスを感じてしまうのだが、第一に人の顔色を覗って生活をするというのは精神的に疲れてしまうものであり、多忙な毎日を送って病んでしまう可能性があるくらいならば対人関係面での手抜きは許される。

例えば、人の顔色ばかりを覗って精神的に疲れてしまっている人は常に笑顔で頑張らなければならないと神経を使うのだが、不必要な面で神経を使うということは止めて「他人からどう思われてもどうでも良い」という思考を持って仕事などに取り組むと集中して作業に取り掛かれるメリットがある。

もし、対人関係面での無駄な神経を使ってしまっている人は、他人の顔色を覗うことは止めて何等かの問題が発生した際には「どうでも良い」という思考を持てば、日常生活面での大半のストレスというのは軽減されるのである。ストレスを感じやすい人はこの言葉を意識して生活してみる価値はあるだろう。

どうでも良いんじゃないの?

 - メンタルヘルス