オピニオン

卒業後に直ぐに就職というのはブラック企業への直行便である

学校という学びの空間を卒業したらすぐに就職を考えて、次の生活に備えなければならない。もし学校を卒業して就職口が見つからなければ一気に社会の底辺への道が開けるという風潮の中で、学生というのは自分が本当に希望している就職口が分からずに、曖昧な認識で就職をしてしまう傾向にある。

このような卒業後は直ぐに次の就職口を見つけて仕事をしなければならないという風潮の中で学生は、とにかく就職口を見つけるということを優先して、業務内容などは二の次という認識で数多くの就職口の面接を受けるが、このような職業の選択方法ではブラック企業への直行便であるとしか言いようがない。

特に学校の卒業が近くなると、学生は勉強が評価の基準となり、一年間は勉強をするということ以外に選択肢が無いのだが、学校を卒業して就職を考えている学生に向けて、実際の職場の雰囲気を体験するために半年間程度の期間を与えて、実際に希望する会社に体験入社させる機会を設けるなどの考慮が必要である。

半年間程度の体験入社を行ってみて、会社の雰囲気が自分と合っているのであれば、卒業時期に改めて面接を行うなどの対策を行えば、入社を希望する当事者や採用を行う会社としても本人の能力を評価するための利点が多く、ブラック企業が淘汰されることにも繋がるなどのメリットがあるだろう。

第一に学校を卒業して、何十年も働くことになる会社を少ない期間で考えろということが結構無理な話であり、このような体験入社を行ってみることで、就職口を体験して考慮できる機会を多く設けることができる制度がニートや引きこもりを減少させることにも繋がるのではないだろうか。

考慮期間を設けることが必要なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    進路に迷う学生達は就職という固定観念を捨てるべきである

    学生たちは学校という教育を修了すると、自分の進路というものにつ…

  2. オピニオン

    楽天カードの再発行を申請した場合の到着までの日数は何日?

    通販大手の楽天カードは審査が緩いという点や、年会費が永年無料と…

  3. オピニオン

    学校という空間は無駄なことしか教えない刑務所である

    この記事を読んでいる人の大半は普通に学校教育を受けて、高卒や大…

  4. オピニオン

    平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし

    学生であれば、学校帰宅して宿題をして日常を送る。会社員であれば…

  5. オピニオン

    働く気力の無いニートは社会のため永遠と引きこもっていなさい

    ニートという存在は今の社会では問題視されて、ニートは悪であると…

  6. オピニオン

    異議申す!クレーマーの境界線について考えてみる

    自分の購入した製品に納得がいかない。もしくは店員の対応が納得が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    プロブロガーの私は批判コメントが嬉しくて仕方ない
  2. メンタルヘルス

    神経質すぎる性格を改善する考え方を伝授したいと思う
  3. メンタルヘルス

    マスクやサングラスなどで表情を隠す人の深層心理を紹介
  4. ブログ運営

    初心者ブロガーには安いレンタルサーバーをお勧めしない理由
  5. ブログ運営

    ニートが書くブログなんてつまらないですよ。
PAGE TOP