オピニオン

卒業後に直ぐに就職というのはブラック企業への直行便である

学校という学びの空間を卒業したらすぐに就職を考えて、次の生活に備えなければならない。もし学校を卒業して就職口が見つからなければ一気に社会の底辺への道が開けるという風潮の中で、学生というのは自分が本当に希望している就職口が分からずに、曖昧な認識で就職をしてしまう傾向にある。

このような卒業後は直ぐに次の就職口を見つけて仕事をしなければならないという風潮の中で学生は、とにかく就職口を見つけるということを優先して、業務内容などは二の次という認識で数多くの就職口の面接を受けるが、このような職業の選択方法ではブラック企業への直行便であるとしか言いようがない。

特に学校の卒業が近くなると、学生は勉強が評価の基準となり、一年間は勉強をするということ以外に選択肢が無いのだが、学校を卒業して就職を考えている学生に向けて、実際の職場の雰囲気を体験するために半年間程度の期間を与えて、実際に希望する会社に体験入社させる機会を設けるなどの考慮が必要である。

半年間程度の体験入社を行ってみて、会社の雰囲気が自分と合っているのであれば、卒業時期に改めて面接を行うなどの対策を行えば、入社を希望する当事者や採用を行う会社としても本人の能力を評価するための利点が多く、ブラック企業が淘汰されることにも繋がるなどのメリットがあるだろう。

第一に学校を卒業して、何十年も働くことになる会社を少ない期間で考えろということが結構無理な話であり、このような体験入社を行ってみることで、就職口を体験して考慮できる機会を多く設けることができる制度がニートや引きこもりを減少させることにも繋がるのではないだろうか。

考慮期間を設けることが必要なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    ネットビジネス成功者は金遣いが荒いという幻想に物申す

    近年、職業という枠に新たなジャンルが多数参戦してきている。それ…

  2. オピニオン

    日本は社会的弱者であるニートに対して「クズ」としか言わない

    ニートという存在を一般的な社会のレールに沿って学校を卒業して就…

  3. オピニオン

    地元の企業に就職するデメリットは意外と多い事実

    就活などで就職先を選択する際には、給料や年間休日日数など様々な…

  4. オピニオン

    引きこもりをニート生活を得て価値観が変わった3つのこと

    私は16歳から21歳までの約5年間ほど、引きこもりニート生活を…

  5. オピニオン

    遅刻をしそうな時は逆にゆっくりと行動することを心がけるべき

    誰でも一度は必ず、学校や会社に遅刻しそうになり朝から慌ただしい…

  6. オピニオン

    高等学校はバイク通学禁止という校則について物申す

    多くの全日制高校というのは、基本的にバイク通学を禁止にしている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    洋画の音声と字幕が異なる理由を分かりやすく解説しよう
  2. メンタルヘルス

    時間の流れを早く感じさせる薬は存在するという事実
  3. オピニオン

    社畜で休日が無い?いやいや時間の使い方を変えれば毎日休日
  4. オピニオン

    試験に緊張してしまい実力を発揮できない人は精神安定剤を飲め
  5. 雑学

    最近のお葬式でお清めの塩を配布しない納得の理由
PAGE TOP