稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ネットに写真を投稿しておいて著作権を訴えるとかアホなの?

      2017/06/18

ブログやサイトを運営している人などは、自分の撮影した写真をネットに投稿することが頻繁にあるかもしれない。その中で自分の撮影した写真というのは著作権というもので守られていることはご存じだと思うが、サイト等にアップした写真がいつの間にか多くのサイトで転載されているケースは度々見受けられる。

写真は著作権という観念から考えると、一方的に画像を転用した本人が悪いという考えがあるが、これは写真をアップした当事者と転用した当事者の双方が悪いのではないだろうか。ネットで自分が撮影をした写真をアップするというのは誰もが保存できる環境であり、転用してくれと言っているようなもなのである。

ネットに自分の写真を掲載している自称写真家などは、何を目的に大切な財産である写真をネットにアップするのか不明だが、ネットで転載されるのが嫌であれば個人で楽しむことを目的としてネットなどのメディアに出さずに個人で楽しんでいれば良いだけの話であり、自らネットにアップしておいて著作権を訴えるのは筋違いだ。

私も経験があるのだが、写真家がネットで著作権を訴えてサイト運営者などに直談判をしているやり取りを見ていると、写真家なら写真の管理はプロとして自己責任で、ネットで公開するということ自体がプロ意識に欠けているとも言えるものであり、ネットで著作権を訴えている暇があれば一つでも多く写真を撮るべきである。

写真に著作権なんて必要ないんじゃないの?

写真というものには絶対的に撮影者に著作権というものが自動的に付与されるが、果たして写真に著作権が必要なのか?ということを考えると写真は自らの造作物ではなく、あくまでも風景であり、肖像権が付与されている場合を除いて一個人が撮影した風景の写真に著作権なんて必要ないとも言える。

例えば写真家が美しい造園の景色を写真に収めたとすると、写真の撮影者に著作権というものが付与されることになるのだが、写真の対象物は個人が管理している造園であり、写真の権利は被写体である造園に帰すべきものであるため、単純にシャッターを落した撮影者に全著作権が付与されるということ自体が間違っている。

このように考えると写真に対して著作権が云々というのは些細なトラブルを生む権利であり、素人が撮影した風景写真などに著作権を与えることが様々なトラブルの根源となるものとも言える。そのため素人が撮影した写真に対して著作権という権利は必要ないのではないだろうか。

「著作権!著作権」ってうるさいんじゃないの?

 - オピニオン