稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

金縛りでの心霊体験は全て幻覚である理由

      2017/06/20

寝ている最中に体が動かない金縛りになった経験を持った人は結構多いと思うが、金縛りというのは怖い体験をするというイメージがあり、大多数は金縛りの経験を語ると幽霊を見たとか、声が聞こえたなどの体験をして、金縛りでの体験を心霊体験のように語る人がいるが、金縛りでの心霊体験というのは幻覚である。

金縛りというのは心霊現象を起因として起きるものではなく、脳が起きているが体は寝ているという医学的根拠があるものであり、金縛りは医学的には睡眠麻痺と呼ばれている。金縛りが起きる原因は様々あるのだが、身体の疲れや精神的な疲れなどが主な原因となっておきるものなのである。

その際に脳がしっかりと起きていないために、夢の中の出来事と現実の出来事が調合されて心霊体験のような幻覚を体験をしてしまうのである。金縛りを体験したことのある人なら理解できるのだが、金縛りの最中にみた怖い体験というのはよく考えると夢の記憶と同等なものであり、実際に体験している訳ではないのである。

ではなぜ怖い幻覚を見てしまうのか?

金縛りというのは高確率で怖い幻覚を見てしまうものなのだが、なぜ金縛りは怖い幻覚ばかり見てしまうのかという疑問に対しては、金縛りというのは多くの人は心霊が起因して起こるものという先入観があり、心理的に恐怖心を感じてしまい易いために、それが幻覚となって表れてしまうのである。

実際に私も頻繁に金縛りになるのだが、金縛りの最中に怖いという意識を持てば恐怖の体験をするし、平然と幻覚を楽しむ余裕を持てば心霊的な体験はしないのである。そのため金縛りになって恐怖体験をしたくないという場合には、怖いという意識を金縛りの最中に持たないことが怖い幻覚を見ないためのコツである。

金縛りを簡単に解く裏技

金縛りというのは、長い時では30分程度は金縛りの状態が続くことがあるために、金縛りの状態を楽しむ暇があれば寝ていたいと思うのは当然であると思うのだが、金縛りというのは自分の意志で簡単に解けるものではなく、自然に身を任せて放置するという選択肢しか無いと勘違いしている人もいるがそれは誤りである。

金縛りというのはちょっとしたコツを掴めば自分の意志で簡単に解くことができる。それは金縛りになった最中に手の小指を小刻みに動かすということを意識して動かせば金縛りは簡単に解くことが出来るために、もし金縛りになってしまったという人は全身を動かすのではなく、小指に意識を集中させてみて欲しいと思う。

金縛りは幻覚なんじゃないの?

 - 雑学